MENU

妊娠線はいつごろできるの?

妊娠線って、ケアをしなければいけないと思いつつもいつからケアを開始していいのかわかりませんよね。実際妊娠線がいつごろできるのかもよくわかりませんし、、、
ここでは妊娠線がいつごろできるのか、また、どのような妊娠線のケアをいつごろからしているのかをご紹介します。

妊娠線ができる時期

妊娠線ができ始める時期は、一般的には妊娠後期といわれています。実際に妊娠線できたという話は妊娠後期によく耳にしますよね。ですが、妊娠線ができる時期は人によって異なるんです。あるところのアンケートの結果では、ほぼ8割方の方が妊娠後期に妊娠線ができたという結果がでていますが、残りの2割の方は妊娠中期や、妊娠初期の段階で妊娠線が出てきたという結果が出ています。妊娠線はお腹が急激に大きくなる妊娠後期にのみ現れるものではないということです。

なぜそんなにお腹が膨らんでいない時期から妊娠線ができてしまうのかというと、その人の体質や肌の状況が大きく関わっています。妊娠線のできやすい体質の人は妊娠線ができてしまうリスクが普通の方よりも高いです。なので、妊娠線のできやすい体質の人は、普通の人よりも早く妊娠線の予防を始めたほうが妊娠線ができるリスクを軽くすることができます。

妊娠線予防を始める時期

早めに妊娠線の予防を始めたほうがいいといっても実際にどれくらいの時期に始めていいのか検討がつかない方も多いと思います。妊娠線のでき始める時期というのは大体妊娠8ヶ月〜10ヶ月の間といわれていますが、妊娠中期にできる方は大体5ヶ月くらいからでき始めてしまいます。妊娠時の肌はコラーゲンが不足し、ターンオーバーの周期が不安定になっています。妊娠線を作らない為には肌のコラーゲンを補ったり、ターンオーバーの周期を通常通りかそれ以上の早い手記にする必要があるんです。一般的に肌のターンオーバーの手記は6週に1度といわれていますので、妊娠中期からできる妊娠線の予防を始めるのであれば、妊娠5ヶ月の6週前。つまり、妊娠3ヶ月半くらいの時期から妊娠線予防を始めたほうが良いですね。

妊娠線ができる時期は人によって違います。
一般論でしか測れない部分ではありますが、確実にできやすい時期、できやすい人は早く妊娠線が出来てしまう可能性があるのです。
いつごろ妊娠線が出来てしまうかということにとらわれず、妊娠線予防が開始できる体調になった時点で妊娠線予防を行うことが妊娠線を作らない為に必要なことになります。

妊娠線の予防が早ければ早いほど良いとされているのは、妊娠線ができにくい肌を完全に作り上げる必要があるからです。保湿クリームだけでは完全な肌を作り上げることはできませんので、早い段階から専用のクリームを使って肌を妊娠線のできにくい完全な状態に仕上げましょう。

※出産間近になると妊娠線予防が疎かになってしまうケースを良く耳にします。妊娠線の発生で多いのが、出産時のいきむときや、出産後のたるんだ肌がもとに戻る時期です。出産間近、出産後にも妊娠線は発生しますので、妊娠中だけではなく、出産後までしっかりと妊娠線のケアを行っていきましょう。

妊娠線クリームはいつから使ったらいいの?


妊娠線はお腹が張ってくる妊娠後期から出産にかけて出てくることが多いです。それはなぜかというと、赤ちゃんが大きくなりお腹が急激に膨らんでしまうから。赤ちゃんがすくすく成長しているのにお母さんの肌がすくすく成長していないからできてしまうんです。

肌は成長しているって知っていますか?赤ちゃんが成長しているように、私たち大人の肌も日々成長しているんです。でも赤ちゃんの成長速度よりも肌の成長は遅く、結果張ってきたお腹に耐え切れず皮膚が避けてできるのが妊娠線なのです。

何でお母さんの肌は成長は遅いの?

肌の成長速度は加齢とともにどんどん遅くなっていきます。それも一つの原因ではありますが、妊娠中のママの身体は、お腹の中にいる子供の成長がしやすいような環境を作っていくのです。それに伴い、ママの肌にはどんどん栄養がいきづらくなっていきます。
そうなると、通常28日の周期で行われる肌のターンオーバーの周期がどんどん遅れていき、だんだんと妊娠線のできやすい身体になっていってしまうのです。

ということは肌の成長を促せば妊娠線ができない可能性があるということですよね。

妊娠線のできにくい肌にするために妊娠線クリームを活用する

妊娠線のケアにはさまざまな商品が出ています。どの商品も早い段階で使い始めれば妊娠線ができない肌にしてくれるものなのですが、注意して欲しいことがあります。それは、その妊娠線ケア商品に添加物が入っているかどうか。もし添加物が含まれていたら、赤ちゃんやお母さんの肌に影響を及ぼす可能性があります。妊娠線のケアはどんな商品でもいいというわけではないんです。

妊娠線の予防は早くするに越したことはないのですが、大体の方が4ヶ月から6ヶ月のあたりにケアを始めることが多いです。赤ちゃんが大きくなってきてお腹のふくらみを実感してから始める方が多いということですね。ですが、それでも妊娠線はできてしまう可能性はあります。


妊娠線クリームを使って妊娠線予防を始めるべき時期は?

妊娠線の予防に早すぎはありません。赤ちゃんの成長に耐えれる肌を事前に作ることが重要なのですから、お腹が大きくなる前にケアをして万全な状態にしておくことが必要です。あるモデルさんは妊娠が発覚した直後から妊娠線予防を始めたそうです。それ位早くから妊娠線の予防をすることも方法のひとつです。ケアが早ければ早いほど肌が万全な状態になるんです。

肌に栄養が送られなくなって、弱ってしまった肌の状態をもとに戻すのには時間がかかります。もし、現在妊娠をしていて、妊娠線のケアをいつからすればいいのか迷っているのであれば、すぐにでも妊娠線のケアを開始してください。一般的な妊娠線予防を開始する時期よりも早くに妊娠線予防を始めれば、それだけ妊娠線のできるリスクを軽減することが出来るのです。妊娠線予防は妊娠線クリームだけではありません。いつから始めればいいのか迷っているなら、今できる妊娠線予防を始めてください。運動や食事に気を付けることも立派な妊娠線予防の一環です。腹巻やさらしを巻いて、お腹を重力の影響から守ってあげる事も妊娠線予防の一環です。
いつから何を始めるべきか。
それは「思い立った時に妊娠線クリームだけではなく、妊娠線を作らないようにケアを始めること。」

妊娠線が絶対にできないとは言い切れません。体質等の違いによりできる人はでき、できない人はできないからです。妊娠線ができる可能性を少しでも低くする為に早めに予防をしておくといいですね。