産後に出来た正中線の消し方を知りたい!黒ずみをクリームで消すことはできるの?

妊娠後期に差し掛かる頃、お腹の真ん中に縦線ができていて「これって妊娠線!?」なんて焦りませんでしたか?

その線が黒っぽいような茶色っぽいような色をしているならそれは妊娠線ではなく「正中線」と呼ばれるものです。

正中線がなぜできるのか。正中線を消すクリームはあるのか。等、このページでは妊娠中にできる正中線についてお伝えしていきます。

このページはこんな方におすすめな内容です
  • お腹の真ん中にできた黒っぽい線の正体を知りたい方
  • 正中線の消し方を知りたい方
  • 正中線を消すクリームを知りたい方

正中線はどうしてできるの?正中線ができる原因と対策


正中線は妊娠の影響でメラニン色素が溜まりやすい状態になるとシミになりやすい特徴があります。

そんな正中線はあなたが胎児だった頃の細胞分裂や細胞同士の結合の名残として残っているものです。

正中線があるのは私だけと悲観する必要はありません。誰でも正中線はありますし、出産がなければ正中線は見えないくらい薄く隠れているものです。

妊娠中に正中線が現れる理由

正中線は、妊娠中のホルモンバランスの変化によってメラニン色素が溜まることが原因でできるものです。

妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)より黄体ホルモン(プロゲステロン)が身体に多く分泌されます。黄体ホルモンはメラニン色素の発生を活性化させるメリットがあるので、妊娠中は正中線ができやすくなるのです。(妊娠中に肌のターンオーバー周期が遅れることで溜まったメラニン色素を排出できないことも原因の1つです。)

妊娠線と正中線は違う物であり、正中線は「シミ」の分類に入ります。正中線が気になる方は、正中線のことを理解することで安心することができると思います。

ホルモンバランスが整えば正中線はなくなります

正中線に溜まるメラニン色素は通常なら出産を終え、身体が普通の状態に戻ると共に徐々になくなっていきます。

これはホルモンバランスが正常に戻り、肌のターンオーバーが正常に行われることで溜まったメラニン色素が体の外に出てしまえば正中線はなくなっていくからです。

はっきりと見えていると気になってしまう正中線ですが、出産を終えてホルモンバランスが正常に戻れば正中線に溜まったメラニン色素が排出されるようになります。つまり、基本的には放っておけば正中線の悩みは時間が解決してくれます。

ですが、早期にを消したいというあなたは、正しいケアをする必要があります。

正中線を消すのにクリームが向いている理由


正中線へのケアは、メラニンの生成を抑制する美白よりもメラニン色素を排出させる方法が適しています。

具体的には専用のクリームを使ったメラニン色素の抑制やターンオーバーに対するケアを行うと正中線の悩みの早期解決が目指せるはず。

そんな正中線を消すのにおすすめなクリームを紹介していきます。

正中線を消すおすすめのクリーム

ピューレパール



ピューレパールは元々脇やデリケートゾーンの黒ずみ対策の為に作られた専用クリームです。

正中線は脇などの黒ずみと同じ原理で発生するので同じケアでなくすことができます。

特にピューレパールは黒ずみの主力商品で、正中線にも活用できます。

Made by Mam
(メイドバイマム)


たまごクラブでも紹介された正中線対策クリームです。

お肌に潤いを与えてお肌の調子を整えることに特化したメイドバイマムは、正中線の原因であるメラニン色素を溜め込まない。スムーズに排出させるということに着目して作られたクリームです。

正中線を産後すぐに消すには早めのケアが肝心です

妊娠線クリームや正中線黒ずみ専用クリームは、肌をやわらかく保ち肌のターンオーバに働きかける成分が多く含まれています。古い細胞を排出し、新しい細胞を生み出す手助けをすることができます。

妊娠中にできた正中線を消すには産後すぐにお腹へのケアを始めることが大切です。

産後6ヶ月はお肌を回復させるゴールデンタイムと言われており、正中線が消えるのが最も早い時期です。
この時期に正しいケアを行うことで正中線をいち早く消すことが出来ます。産後の正中線や黒ずみにいつまでも悩まないよう、早めのケアを行ってくださいね。
TOPへ