産後に増えたシミを消したい!産後に使えるおすすめのクリームまとめ

妊娠中や産後はお肌にシミができやすい状態。

知らないうちに顔にシミが!

なんてことも。


妊娠中・産後にできてしまったシミを解消する為のケア方法とおすすめのクリームを紹介します。

このページはこんな方におすすめな内容です!
  • 妊娠中のシミ予防について知りたい方
  • 妊娠中にできたシミのケア方法を知りたい方
  • 産後のシミ予防について知りたい方
  • 産後にできたシミのケア方法を知りたい方
  • 妊娠中・産後にできたシミの解消法を知りたい方

妊娠中から産後にできたシミを消すには

妊娠中や産後は、ホルモンバランスが変化することによってシミができやすくなっています。

そのため、この時期は特にシミができないようしっかりとケアをする事が大切です。

しかし、産後は自分のことに時間やお金をかけるのは難しいこと。

そんなあなたにおすすめのシミを作らない予防方法をご紹介します。

まずはシミができる原因から見ていきましょう。

シミができてしまう原因

妊娠中から産後にかけてホルモンバランスが崩れてしまうことはもうご存知ですよね。

シミを作る原因となるホルモンバランスの変化は

・プロゲステロン(黄体ホルモン)の増加
・エストロゲン(女性ホルモン)の減少

の2つが関係しています。

まずは妊娠中にシミができる原因について紹介しますね。

妊娠中はあなたの体の中でこの2つのホルモンが急増します。

エストロゲンはお肌の調子を整える効果を持っていますが、妊娠中のエストロゲンの効果はほとんど母乳が出るからだを作ることに使用されます。

そのため、お肌を刺激から守るためにエストロゲンが使用されることはほぼないのです。

シミの主な原因は紫外線。

バリア機能が働いているお肌ならある程度紫外線を防ぐだけでメラニン色素が発生することはありません。

しかし、妊娠中のお肌の調子を整えることができない期間は紫外線をもろに受けることになってしまうのです。

降り注ぐ紫外線からお肌を守る為にメラニン色素という傘を作ってお肌を守ろうとした結果がシミというわけなんです。

そしてここで追い討ちをかけてくるのがプロゲステロン。

プロゲステロンはお肌にメラニン色素を作りやすくする働きがあります。

妊娠中はシミができないほうがおかしいといえるくらいお肌にシミがやすい状態です。


次に産後にシミができる原因。

産後にシミができる原因は妊娠中とほとんど変わりません。

違うところはエストロゲンの量がすごく少なくなっていることくらい。

エストロゲンの量が少ないということは妊娠中と同様にお肌の調子を整える事が難しいということ。

プロゲステロンの量は増えたままで変化が起きないことが産後にシミができてしまう原因です。

シミをなくすにはどうしたらいいの?

シミをなくすには、まずは新しいシミを作らないことが大切。

お肌は日々誕生と死滅を繰り返しています。

メラニン色素が厄介なのは、長期間放置してしまうとお肌の中に留まってしまうというところ。

新しくシミができなければ、今あるシミの対策をすればある程度短い期間でシミをなくすことができますが、どんどんシミが増えてしまってはどこから手をつけてよいのかわからなくなります。

紫外線対策と、ビタミン類(特にビタミンB群とビタミンC)を体に取り入れることを意識して生活をするようにしましょう。

そしてここからが肝心のシミの解消方法。

実は予防として挙げたビタミン類の摂取はシミの解消にも役立つ方法です。

シミが黒く目立つのは、メラニン色素が酸化して黒くなっているから。

ビタミンCには、そんな酸化を還元(酸化していない状態に戻す)する働きを持っているので、シミに悩んでいるあなたはビタミンCの豊富な果物や野菜を積極的に食べるようにしてください。

そしてビタミンB群ですがその中でも特にビタミンB2とビタミンB6を取り入れることが大切です。

ビタミンB2はお肌の新陳代謝を促す効果。
ビタミンB6はホルモンバランスを整える効果があります。

産後は特にビタミンB6を積極的に取り入れるようにすれば、早い段階でシミの予防をすることが出来ます。

シミの解消には

・紫外線対策
・お肌の新陳代謝を助ける

事が重要です。

シミを消すクリームは併用した方が良い

産後のシミはホルモンバランスの変化でお肌の代謝がうまくいっていないことから発生するシミなので、ホルモンバランスが元に戻ればシミは自然と無くなっていくはずです。

しかし、それは全ての人に当てはまるというわけではありません。

あなたの体質や生活習慣などによってはシミが消えない可能性もあるのです。

そうならないために、ケアを行っていくことが大切。

・早い段階でシミをなくしたい
・肌が白い人
・日焼けの跡がなくならない

あなたがこの3つのうちどれかに当てはまっているなら、クリームを使用してケアすることをおすすめします。

特に肌が白い人と日焼けの跡がなくならない方。

メラニン色素が目立ちすぎたり、メラニン色素の排出が苦手な方だと判断ができますので、体の内側からのケアとクリームによる外側からのケア。

両方を取り入れてシミの対策をしたほうが良いといえます。

産後も安心して使えるクリームまとめ

産後は赤ちゃんが生まれてドタバタ、自分の為にお金や時間を使うのがとても難しい時期です。
しかし、ここでシミ対策を打っておかないといわゆる産後老け顔になってしまいます。

でも、もっともお母さんたちが気にしているのは、赤ちゃんの母乳に影響がないか?ということではないでしょうか?

・食べるものではなくても皮膚から吸収されるため添加物を抑えていること
・産後のお肌は敏感肌の為低刺激であること

このシミを消すための機能を備えていることは大前提として、
この2点に重点をおいてピックアップします。

コーセー米肌ライスパワーNO11トライアルセット

※米肌公式HPより口コミを引用

まずはお試しできるようにトライアルセットをピックアップしてみました。米肌最大の特徴はライスパワーNO11を配合していること。
ライスパワーNO11は医薬部外品の効能として水分保持機能の改善を謳うことができ、セラミドの産生を手助けします。
しかしライスパワーNO11は実は美白にも最適で、いつもコウジに触れている酒蔵の杜氏さんの手が白くてきれいなのは有名な話です。
またこのトライアルセットにはビタミンC、ビタミンE誘導体を配合した化粧水も付いており、まさにシミ・ソバカスを抑えることに特化した内容です。

>>米肌トライアルセットの内容はこちら

ポーラ・オルビス ディセンシアサエル

ポーラ・オルビスグループのディセンシアサエルもシミ対策の主力商品です。
最大の特徴はとにかく低刺激であること。産後のデリケートなお肌にもしっかり使えて、
シミの集中ケアが可能です。サエルも米肌と同じく医薬部外品です。また、30日間の返金保証が付いています。

>>ディセンシアサエルトライアルセットの内容はこちら


シミを消す最強の成分として挙げられるのがハイドロキノンです。ハイドロキノンは一般的に刺激が強く、特にデリケートな妊娠中・産後については胎児や授乳中の赤ちゃんへの影響を考えると私としてはおすすめできません。
美容皮膚科でも万一を考えて処方を中止しているところが多いのが実情です。(美容皮膚科のハイドロキノンは4〜5%と高濃度であることも関係しています)例えばハイドロキノンコスメの主力商品であるビーグレンは、2%以下の規定内の配合量であり、公式HPにも妊娠中の使用も可能とFAQに記載があります。しかし影響はゼロではなく、胎児や授乳中の赤ちゃんへの安全性が確立されているわけではありません。ですので、ハイドロキノンを使用するかどうかはあなたの判断にお任せします。

産後のシミ・黒ずみ解消に必要なこと

産後には様々な部位に黒ずみができています。

産後に黒ずみが残ってしまっても落ち込まないでください。シミクリームや黒ずみクリームなど、ケアの仕方で特に気になる脇の黒ずみや乳首の黒ずみもしっかり解消できます。

産後の黒ずみ・シミ解消クリームには何を使えばいいの?
産後のシミや黒ずみは、今まで黒ずみができたことの無い場所にできることも多いです。つまり、このシミや黒ずみは「妊娠」による黄体ホルモンの増加の影響を受けて発生したものです。
なので、出産を終えたらこれ以上黒ずみがひどくなることはありません。後は早期解消に向けてのケアを行うのみです。

産後のシミ・黒ずみに対して、美白クリームを使ったケアは間違ったケア方法となります。
というのも、一般的に美白クリームに含まれている成分は「メラニン色素生成を抑制する」成分だからです。
顔などの美白クリームは紫外線を常に受ける部分なので、美白クリームを使った美白ケアでも十分効果があります。(肌のターンオーバー周期が正常な状態であれば。)

しかし、普段服に隠れているお腹や脇、乳首はあまり紫外線の影響を受けることが無いので、メラニン生成を抑えるよりも、「メラニン色素排出」に注力を注ぐことがシミ・黒ずみを解消する鍵となるのです。

その為に重宝するのが妊娠線クリームです。
妊娠中の弱ってターンオーバー機能の改善を行うことができる妊娠線クリームは、出産後の正常な機能に回復し始めた肌のターンオーバーを加速させるにはもってこいのクリームなのです。
産後のシミ解消クリーム・黒ずみ解消クリームに最適な妊娠線クリーム。妊娠中の妊娠線予防に使ったものがあるなら捨てずにそのままシミ黒ずみ解消の為に使ってください。保湿クリームを使ってケアするよりもかなり大きな効果が期待できます。