MENU

産後の妊娠線ケアの重要性について

妊娠中は妊娠線がなかったのに、産後に気付いたら妊娠線が!
産後しばらく経ってるけど妊娠線が消えない。。。
妊娠線は産後になれば徐々に消えていくと聞いたのになんで!?

産後にできたり残っている妊娠線は、産後6ヶ月にどれだけケアを頑張れるかが妊娠線が残るかどうかの鍵を握っています。

でも産後に妊娠線のケア。といっても、産後にどんなケアをしたら良いのか、あまり想像ができないですよね。

そんな産後の妊娠線ケアについてこのページでは紹介をしていきます。

このページはこんな方におすすめな内容です!
  • 産後の妊娠線をなくしたい方
  • 産後にできた妊娠線のケア方法を知りたい方
  • 産後しばらく経つのに妊娠線がなくならない方
  • 出産してから妊娠線ができる理由を知りたい方

産後の妊娠線は本当になくなるの?

産後の妊娠線。

妊娠線をなくすことができるかは、あなたの体質やケアの方法によって異なるため、なくなると断言することはできません。

しかし、努力次第で限りなく見えなくすることは可能です。

そんな産後の妊娠線についてまずは産後の妊娠線の状態について確認をしていきましょう。

産後の妊娠線の状態

産後の妊娠線には、いくつかの種類が存在します。
・妊娠時にできて産後白く残っている妊娠線
・出産時にできた赤紫の妊娠線
・出産してしばらくたってできる妊娠線
妊娠線は、妊娠後期から産後にかけておなかが大きくふくらんだり出産後にお腹が縮んだりすることによって肌に亀裂ができて出てくるものです。

ふくらむことでも縮むことでも妊娠線は産後体型が戻るまで油断ができないものといえますね。

でも、産後にお腹が縮んで妊娠線ができてしまうというのはよくわからない!

と思ったあなた。

そうですよね。管理人も最初は何で?と思っていました。

でも、答えは結構簡単だったんです。

よくテレビで特集される

「120キロの男性が半年で体重60キロに!?」

のような企画を見たことはないでしょうか?

一気に体重を落とすことで皮は余り、体中肉割れだらけです。

産後のお腹は一気にダイエットを行ったときとほぼ同じ状態となっています。

そう考えたら、産後お腹の皮膚が戻るときに妊娠線ができてしまうのも納得できませんか?

そしてやっかいなのは産後のお母さんのお腹は、ダイエットで痩せた人よりも肉割れができやすいということ。

産後のあなたの皮膚はホルモンバランスの変化によって正常な働きをしていません。

そのため、妊娠線ができやすい上に妊娠線がなくなりにくい状態となっています。

産後に妊娠線のケアが大事なのは
・新しく妊娠線を作らないため
・できた妊娠線を早くなくすため
の2つの理由があるからです。

産後にしてほしい妊娠線ケア

産後にして欲しい妊娠線のケアは、お肌の代謝を高めるケア。

保湿だけで十分だと思われがちな産後の妊娠線ケア。

実は保湿だけでは不十分なんです。

産後のあなたの体は赤ちゃんに母乳を与えるためにお肌の調子を整えるエストロゲンの量が極端に減った状態となっています。

そのため、産後は意識してお肌の代謝を高めるケアを行わなければいけません。

具体的には
・栄養バランスの整った食事
・美容成分によるからだの外からのケア
・保湿
がおすすめしたい産後のケア。

この3つのケアを行うことであなたの皮膚の機能を正常に働かせ、産後にできる妊娠線を防いだり、できた妊娠線の修復を早めることが期待できます。

しかし、できた妊娠線を簡単になくしたり産後に100%できなくすることはすごく難しいこと。

できる限り妊娠線ができたり残るリスクを避けるために、産後は妊娠線クリームを使ったケアを継続することが大切です。

産後に妊娠線クリームをおすすめする理由

できてしまった妊娠線は表皮の細胞が完全に回復すれば消える(みえなくなる)こともあります。

しかし、産後に正常なお肌を保つのはなかなか難しいもの。

そんなときにおすすめなのが、お肌の代謝機能を高めることができる妊娠線クリーム。

妊娠線クリームには様々な美容成分や細胞を修復する成分が含まれています。

クリームによっては真皮の細胞の修復をサポートする成分が含まれていたりもします。

妊娠線は真皮と表皮の細胞が修復されれば見えなくなるので、お肌の修復をサポートしてくれる妊娠線クリームは産後のお肌のケアにピッタリなんですね。

でも、保湿をすればお肌の回復をサポートできるんじゃ。。。

と思いませんでしたか?

確かに保湿をすることでお肌の機能をある程度助けることはできます。

でも、ちょっと考えてみてください。

あなたは普段のスキンケアを保湿クリームだけで行っていますか?

化粧水に乳液、美容液に保湿クリーム。

スキンケアでさえ保湿クリームを塗る前にお肌に栄養を与えているのに、なぜ妊娠線のケアは保湿クリームだけでいいといえるのでしょう?

妊娠線のケアにもお肌を元気にする美容成分は欠かせません。

でも、スキンケアに使う化粧品を使用していたらコストがかかりすぎてしまい大変なことに!

そうならないためにも妊娠線のケアは妊娠線クリームで行うことをおすすめします。

産後に妊娠線ケアが必要な方は、妊娠中・出産時に妊娠線ができてしまった方だけではありません。

妊娠線ができていない方も、産後の妊娠線ケアが必要なのです。

産後ケアに使いたいのは妊娠線クリーム

妊娠線予防クリームは肌の細胞の活性化してくれるクリームです。

細胞に亀裂ができないようにする効果と細胞を修復する効果が期待できます。

そのため、妊娠直後から産後にできてしまう妊娠線の予防・解消も期待できます。

妊娠線クリームでのケアは産後にも続けることが重要にです。

妊娠線クリームの中でも、クリームを塗っていないときにも肌機能がしっかりと働いているハリのあるみずみずしい肌にしてくれるクリームを選ぶといいですね。

ハリが出てくるということは、肌の細胞が生まれ変わっている証拠です。

細胞が生まれ変われば自然と妊娠線も消えていくということです。

妊娠線は産前・産後のケアがかなり重要となります。

妊娠線予防クリームは肌本来の元気を取り戻す手助けをしてくれるので、産後も続けてケアしていくことをおすすめします。