お腹がかゆくなるのは妊娠線ができる前兆なの?

妊娠後期になるとお腹も急に大きくなって突っ張ったような感じになりますよね。もしかしてこのままお腹が張り裂けてしまうのではと思う方も少なくはないのではないでしょうか。そんなときに気になるのは妊娠線のことですよね。そんな妊娠線ができる前の前兆や予兆みたいなものはあるのでしょうか?

お腹がかゆくなり始めたら要注意

妊娠線ができるときに前兆や予兆のようなものはあります。ですが、妊娠線のできる人全員に出るというわけではありません。知らない間に妊娠線ができている人や、徐々に肌の奥が裂けているような感じを認識している方もいます。全員ではないけれど、妊娠線ができる前に起こる予兆とはいったいどのようなものなのでしょうか?

妊娠線ができる前兆や予兆は、一般的にはお腹が「かゆくなる」です。お腹がかゆくなる原因もいろいろとあるのですが、かゆくなったら妊娠線を疑った方がいいかもしれません。なぜ妊娠線ができる前にお腹がかゆくなるのかというと、肌の奥の真皮がお腹のハリに耐え切れずに徐々に裂けていっているからです。お腹の奥が裂けると聞くとかゆいのではなく痛いのではないかと思う方もいるかと思います。実際に痛いと感じる方もいるのですが、真皮が裂けていくのはとてもゆっくりで、痛いと感じるよりはかゆいと感じるほうが多いんです。お腹が大きくなってきてかゆくなったら妊娠線が出てくる前兆かもしれません。

赤い斑点はなぜできるの?

妊娠線ができる前兆はかゆみだとお伝えしましたが、お腹がかゆくなる原因は妊娠線以外にもあります。それは「妊娠性掻痒(にんしんせいそうよう)」です。これは、妊婦さんのホルモンバランスの変化によっておこります。お腹やその他の部位に蕁麻疹のようなぷつぷつができてかゆくなります。思い当たることがあれば、まずはかかりつけのお医者さんに相談してください。

妊娠性掻痒になってしまうと、かゆみに耐え切れなくなることが多いです。ですが、市販のかゆみ止めを使うのは待ってください。市販のかゆみ止めには刺激の強いものが多く、妊婦さんに使うと悪い影響を与えてしまうかもしれないからです。妊娠性装用じゃないにしても、かゆみに耐え切れなくなったらお医者さんにかかってください。
TOPへ