MENU

オイルでの妊娠線ケアは手間と給水の部分が他のアイテムと異なります。

妊娠線の予防をするときって、いろんな商品があってどれを使ったらいいのかわからず困ってしまいますよね。

今までのボディケアをオイルでやってきたからオイルで妊娠線予防をしたい!というあなたに、オイルでの妊娠線ケアについての情報をまとめました。

オイルでの妊娠線ケアはクリームやローションでの妊娠線ケアと決定的に異なる部分があります。

一緒に確認していきましょう。

オイルの基本の効果は肌の保湿


肌の水分に関わるケアには、「給水」と「保湿」があります。

読んで字の如く「給水は肌に水分を補給すること。」「保湿は肌の水分を保つこと。」という認識でOkです。

オイルでの妊娠線ケアは、基本的に肌の水分を保つ為の保湿しか担わないのです。

保湿だけでは肌に潤いを与えることができません


妊娠線予防をするとき、「保湿ケアが大切です。」という話しをよく聞くと思います。

しかし、実際には、「肌に潤いを与えて保湿することが大切です。」というのが本当の正解。

だってそうですよね。肌に水分がない状態で保湿のみをしても、肌の潤いを助けることはできません。

肌に潤いを与えて、その潤いを逃がさないようにすることが妊娠線を予防するのに欠かせないのです。

そうなると、オイルでの妊娠線ケアでは保湿しかできないということになるので、「給水」という部分では他のアイテムに劣ってしまうということになってしまいます。

オイルとクリーム、ローションの違いは保水できるかどうか!


妊娠線予防にとって最も重要なことは肌に水分を与えて保湿すること

保湿のほかにも肌を育てていかなければならないので必要な成分はたくさんあります。

ですがここでは妊娠線予防で最も大切な水分補給と保湿の点を中心にお話をさせてもらいます。

オイルとクリームの違い


オイルとクリームの違いは「保湿力の差」と「給水できるかどうかの差」です。

オイルは油なので、肌に水分を補給させることはできません。しかし、クリームには水分と油が含まれているので、肌の水分補給ができるというメリットがあります。

どちらも保湿力があるのですが、水分を含んでいる分だけオイルの方が保湿力には分があります。

そんなオイルとクリーム。
妊娠線予防するのにどちらがおすすめなのかといわれると、やはりクリームの方がおすすめできるといえるでしょう。

というのは、オイルは肌の給水ができないので化粧水やクリームを使用してから塗らなければいけないというデメリットが大きく出てきてしまうからです。

お風呂上がりなら肌は水分を補給したばかりなのでそのままオイルを塗るだけで問題ありません。
ですが、日中ケアをしたくなったときには水分を補給させてからオイルを塗らなければいけないというデメリットが出てきてしまいます。

塗るのに手間がかかるオイルなのに、さらに他にもスキンケアアイテムを使ってケアをしないといけないのは結構手間ですよね。

1つで水分補給と保湿ができるクリームの方が妊娠線予防にはおすすめです。

オイルとローションの違い


オイルとローションの違いは、クリームのときと同じで「保湿力の差」と「給水できるかどうかの差」です。

オイルは保湿しか担わないことはもうお分かりですよね。
では、ローションはどうなのかというと、ローションは給水しか行うことができません。

ローションでのケアにおいて、保湿ができないのは妊娠線予防として致命的です。

なぜなら、せっかくしみこませた水分に蓋ができないことで、補給した水分をすぐに肌の外に出してしまうことになるから。
※オイルの効果は先に説明したので割愛します

ローションを使って予防をしたいならローションを利用した後にクリームかオイルで蓋を。
オイルを使って予防したいならクリームかローションで給水を。

オイルとローションは予防の方法としては極端すぎるデメリットがあります。

そこのところをしっかりと覚えて置いてくださいね。

オイルでの妊娠線予防は面倒なことが多くあります

妊娠線オイルはクリームやローションと何が違う?オイルの決定的な違い


オイルは保湿力で言うと妊娠線ケアアイテムの中で最も保湿力のあるアイテムだといえます。

ですが、給水性がまったくといって良いほどないので、オイルでのケアは、肌に水分を与えるケアと併用して行わなければいけません。

オイルの種類によっては肌の再生を促してくれたり、肌の調子を整える効果が期待できるものもありますが、基本的に肌の水分補給はできません。

お風呂上がりの保湿には最強のアイテムだといえますが、日中のケアが面倒なところはちょっとネックなところですね。

それなら妊娠線クリームを使用して保湿と給水の両方ができたほうが手軽にケアができていいかもしれません。