MENU

ローションはコストと手間がかかる

妊娠線予防をローションで行おうとしている方も少なくはないでしょう。

 

結論から言うと、ローションは妊娠線予防には向いていません。

 

その理由をお伝えしていきます。

 

ローションが妊娠線予防に向いていない2つの理由

 

美容成分たっぷりのローションは、伸びもよく、肌の水分補給もできるから妊娠線予防に最適!

 

なんて思っていませんか?

 

実はその考えは間違いで、ローションは保湿ができないので妊娠線予防に使用するには向いていないんですよ。

 

保湿ができない

 

私のローションはヒアルロン酸が入ってるから大丈夫!
セラミド配合だから保湿力がすごいんだよ!

 

と思った方。

 

実はローションにセラミドやヒアルロン酸が入っていたとしても、肌の保湿をすることはできません。保湿できたと感じているのは、ローションをつけたばかりで肌に水分が残っている状態を感じているからだといえます。

 

というのは、肌に水分を補給しても、肌は呼吸をするように水分を外に出しているので、補給した水分を閉じ込めておくことができません。

 

 

ヒアルロン酸やセラミドは確かに優秀な保湿成分です。
しかし、その成分がいくら保水力が高くても、肌の水分が蒸発してしまう状況を何とかしない限りはその成分の効果を発揮し続けることはできません。

 

コストがかかる

 

ローションで保湿ができないとなると、ローションのほかに保湿ができるアイテムと併用して妊娠線予防を行わなければいけません。

 

つまり、ローションのほかにもう1つアイテムを使用して妊娠線予防をすることになります。

 

ということは、ローション+クリームorオイルといったアイテムを使うことになるので、当然コストがかかることがわかりますよね。

 

コストのかかるローションはクリーム・オイルの中で最も妊娠線予防に向いていないアイテムなんです。

 

 

ローションで妊娠線予防をするなら保湿アイテムと組み合わせて!

 

給水した水分を閉じ込めることができないローション単体では妊娠線予防をすることはできません。

 

そのため、他のアイテムと併用するという点でコストもかかるし、手間もかかります。

 

そういった手間とコストの面を考えると、妊娠線予防は保湿もできて給水もできるクリームで行うのがおすすめです。

 

もしお気に入りのローションを使って妊娠線予防をしたいというのであれば、ローションのほかに保湿クリームやオイルを使用して行うようにしてくださいね。