MENU

妊娠線がかゆい!かゆみを抑えるには

妊娠中って肌がかゆくなることが多いですよね。妊娠線ができてしまっていたらその部分がすごくかゆいし、妊娠線ができていなくても妊娠線を作りたくないからかきたくないし、、、
そんな妊娠中のかゆみはなぜ起きるのでしょう?お腹に限らず手・足・背中・胸にまでかゆみが出る発生の原因と、かゆみの対処法について紹介していきます。

妊娠時のかゆみ

妊娠時のかゆみにはさまざまな原因があります。主な原因として挙げられているのがホルモンバランスの変化赤ちゃんの成長とともに圧迫されてしまう臓器との関係が大きいということです。

ホルモン異常に取るかゆみの発生
妊娠中のお母さんのホルモンバランスはとても不安定になっています。そのため、妊娠中で無いときにはあまり分泌されないホルモンが過剰に分泌されてしまう場合があります。
かゆみに直結してしまうホルモン「コルチコ・ステロイド」です。このコルチコ・ステロイドは肌の弾性繊維を作る繊維芽細胞の増殖を抑制するものです。

コルチコ・ステロイドの分泌が多くなって肌の弾性繊維が生成されなくなると、お腹が大きくなっていったときに肌の内部の組織が伸縮せずに少しずつ引きちぎられていきます。
つまり、伸縮性の弱くなった皮膚が肌の内部で少しずつ引きちぎられていき、妊娠線ができかかっている時に、痛いというよりはかゆいという感覚が強く出てしまうのです。
肌の内部が少しずつ引きちぎられてできるのが妊娠線です。妊娠線ができる過程で肌の内部が引っ張られることが妊娠時の肌のかゆみの原因の1つということになります。

お腹のふくらみによって圧迫される内臓によるかゆみの発生
お腹のふくらみによって臓器が圧迫され、かゆみにつながっている場合があります。
そのときに注目するのは「肝臓」です。
肝臓は栄養素の分解や身体の中の老廃物や毒素を分解、排出したりする機能を持っています。つまり、栄養吸収と身体に不要な成分などを無害のものにし、体外へ排出する働きを持っている臓器ということです。
肝臓は皆さんが想像しているよりも「大きな臓器+子宮に近い位置にある」ので、妊娠中のお腹のふくらみによる影響を大きく受けます。

肝臓機能がホルモンバランスの変化やお腹の圧迫などで抑制されてしまうと、消化の手助けをする「胆汁」の循環がうまくいかなくなります(胆汁うっ滞)。
実はこの胆汁の循環不順、かゆみに大きく関わっているのです。

胆汁の成分には胆汁酸というものがあります。この胆汁酸は脂肪の消化・吸収を手助けするものなのですが、肝機能が低下していることによって、生成や排出に問題が出てしまうのです。
胆汁酸の排出がうまくいかずに身体の中に溜まっていってしまいます。胆汁酸が身体に溜まると、全身の肥満細胞に含まれるヒスタミンという成分に刺激を与えてしまうのです。

かゆみや痛みの伝達を行うヒスタミンは、刺激を受けるとヒスタミン分泌量を多くします。
胆汁酸うっ滞による刺激を受けることで、かゆみがずっと続いてしまい、さらにはかゆみからその部分をかく刺激も加わってかゆみがもっと大きくなるという悪循環にもつながります。
※この妊娠による肝臓圧迫・胆汁うっ滞の事を「妊娠性肝内胆汁うっ滞症 」と言います。この場合、肝機能全体に問題が出ているので黄疸が見られることもありますが、黄疸が表れない場合もあります。


その他にも、妊娠時には基礎代謝が5%〜15%も上がり、代謝がよくなることで汗をよくかくようになり、毛穴が詰まってかゆくなってしまうという原因もあリます。

また、妊娠時に肌が敏感になることも原因のひとつです。妊娠時の肌は乾燥していてとても敏感なので、ちょっとした外部からの刺激にも敏感に反応してしまいます。なので下着による締め付けや、服などがこすれることによってかゆみを引き起こすことがあります。

かゆみの対処法

妊娠中のかゆみは耐え難いものがあります。しかし、お腹の赤ちゃんへの影響を考えると、飲み薬の処方をしてくれることはありえません。
ステロイド系のかゆみ止め塗り薬を処方してもらうことが多いのですが、それもあまり効果が見られないようです。

かゆみの対処法として重要なことは
・刺激を与えないこと
・ストレスを溜め込まないこと
・妊娠線を作らないよう、妊娠線クリームなどで保湿すること
の3つです。

ホルモンや内臓からくるかゆみに対しては薬を飲むこともできないので耐えるしかない部分がありますが、乾燥や妊娠線ができてしまったときに出るかゆみに対しては対処する方法があります。
乾燥や妊娠線から来るかゆみに対して有効な手段はしっかりと保湿をすることです。かゆみを抑えるという効果はありませんが、かゆみのある期間を早くなくすことができます。

また、かゆみの原因が妊娠線の場合妊娠線の部分の修復を早くさせることでかゆみの期間を短くすることができます。肌のターンオーバーを促進させる成分の入っているクリームや肌を修復してくれるようなクリームを選んで使用してください。
かゆみを抑えるためにかゆみ止めを塗ることも有効な手段ではありますが、妊娠中ということで、赤ちゃんや母体への影響を考えなければいけません。市販で売っているものなら、薬局の薬剤師さんと相談して購入したほうが良いでしょう。※病院で処方してもらえる薬は、多くは「抗ヒスタミン剤」か「ステロイド系」の塗り薬です。妊娠中のかゆみの原因はまだ解明されていない部分も多く、煙たがられることも多いと聞きます。皮膚科よりもかかりつけの産婦人科に相談する方がいいと思います。

基礎代謝が上がって汗をかきやすくなり、毛穴に汚れが溜まってかゆくなる場合もあります。ゴシゴシ洗い過ぎるのも逆によくないのですが、かゆみが出ないように妊娠時には身体を清潔に保つように心がけましょう。

妊娠時にかゆみはつき物です。かゆいからといってかいてしまうと、妊娠線ができきる可能性が大きくなってしまいます。ですが、あまりにひどいと「妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)」という病気になっているかもしれません。あまりにひどいときには皮膚科や産婦人科に行って先生に診てもらいましょう。