葉酸サプリはなぜ妊娠前〜初期に摂るのがおすすめなの?葉酸の効果についてまとめました。

MENU

妊娠前から妊娠初期に摂りたい葉酸サプリの効果

2017/08/21更新

 

妊活期や妊娠初期の必須の栄養素として知られる葉酸。そんな葉酸には、赤ちゃんの正常な成長をサポートする効果があります。

 

妊活期〜妊娠初期までに積極的に摂っておきたい葉酸の

・なぜ葉酸が妊娠前から妊娠初期に必要なのか
・なぜ葉酸サプリがおすすめなのか
・葉酸が赤ちゃんとママにに与える効果

についてこのページでは紹介します。

 

人気の葉酸サプリも紹介しているので、葉酸サプリを探しているあなたもぜひ参考にしてくださいね。

 

葉酸が赤ちゃんとママに与える効果

 

葉酸は妊娠前〜妊娠初期(特に妊娠1ヶ月前後まで)の赤ちゃんの成長に大きく関わる成分となっています。

 

妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を積極的に意識することで、赤ちゃんの先天異常の1つである神経管閉鎖障害(脳や脊髄の障害)のリスクを軽減させる効果が期待できるからです。。
参考:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の 女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

 

そんな葉酸が赤ちゃんとママに与える影響とはどんなものがあるのでしょう。

 

妊娠中のママに葉酸が必要な理由

 

妊娠をするとママのお腹の中で細胞分裂が起きて赤ちゃんの体が作られます。この細胞分裂をするのに欠かせない栄養素が葉酸です。

 

葉酸は新しい細胞を作るための細胞分裂や、DNAの合成を作るのに必要な成分。そのため、新たな命の誕生には欠かせない栄養素なんですね。ということは、妊娠をした時点からママの体の中で葉酸が大量に消費されることがわかりますよね。

 

妊娠に伴う葉酸の大量消費は、下手をしたら葉酸不足や葉酸欠乏症を招いてしまう恐れもあります。そしてもっとも気になるのが赤ちゃんへの影響。

 

妊娠中に細胞分裂に必要なだけの葉酸を確保できないと、赤ちゃんの体がしっかりと作られることなく先天異常を抱えてしまう可能性が出てきてしまうのです。
※妊娠初期に葉酸をしっかりと摂ることによって赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを70%近く軽減させることができます。

 

葉酸の一日に必要な量はどのくらい?おすすめの摂り方は?

 

葉酸を積極的に補給したほうが良いとはいうものの、葉酸っていったいどうやって補給したらいいと思いますか?

 

食事の見直し?
葉酸サプリ?

 

どちらの方法も正解ですが、葉酸は熱や水に弱い栄養素なので、食事での摂取が難しかったりもします。
※事実、食事から補給する葉酸の利用率は葉酸含有量(μg)に対して50%ほどだといわれています。

 

また、サプリで補給するにしても葉酸にはいくつか種類があるので、おすすめできる葉酸とできない葉酸があります。ここからはどんな風に、どの葉酸を補給すべきなのかを確認していきましょう。

 

1日に必要な葉酸の量はどれくらい?

 

葉酸の1日の摂取量は

 

  必要量 推奨量
妊娠してない時 200μg 240μg
妊娠中 400μg 480μg

参考:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

 

となっており、妊娠中は妊娠前の倍の量を摂取するよう気をつけなければなりません。しかし、注意したいのは葉酸は水溶性ビタミンと呼ばれるビタミンB群の栄養素であること。

 

・ほうれんそう
・枝豆
・モロヘイヤ
・ブロッコリー

 

などの食品に多く含まれている葉酸ですが、ビタミンB群は加熱や水によって栄養素が破壊されたり流されたりしてしまいます。そのため、調理をした食品から摂取できる葉酸量は、食品に含まれる50%程度しか摂取できないということを覚えておきましょう。

 

また、水溶性ビタミンはそのときに体が必要としている量異常を摂取すると、余った分は体外に排出されてしまいます。葉酸を摂取するときには1度にたくさんを摂取するのではなく、1日に必要な量を2回以上に分けて摂取するのがおすすめです。

 

葉酸を摂取するべき時期

 

妊活中、妊娠初期に葉酸が必要だとはいえ、いったいどの時期からいつまで葉酸を摂取しなければいけないのか。というところに悩むママも多いはずです。

 

基本的に葉酸は生きていくうえで欠かせない栄養素ですから、どのタイミングでやめなければいけないということはありません。しかし、注意しなければいけないことがあるのは事実です。

 

妊活中からどの時期まで葉酸を摂取しなければいけないのかを表で確認していきましょう。

 

時期 葉酸の必要量 葉酸の推奨量
妊活中
(妊娠1ヶ月前)
400μg 480μg
妊娠初期
(4ヶ月まで)
400μg 480μg
妊娠中期
(7ヶ月まで)
400μg 480μg
妊娠後期
(臨月まで)
400μg 480μg
産後 280μg 340μg

※厚生労働省は妊活中・妊娠初期(特に3ヶ月まで)はサプリからモノグルタミン酸型葉酸を400μg摂取するのが望ましいと発表しています。
※妊娠中期から出産にかけては食品から200μg健康食品から200μgの摂取でもOK。

 

葉酸は妊活中から妊娠初期にかけては特に積極的にモノグルタミン酸型葉酸を摂取するようにしましょう。この時期は赤ちゃんのために葉酸を摂取する時期。この時期を越えたら、あとはお母さんのための葉酸摂取となるからです。

 

妊娠中期からは葉酸に加えて鉄分が不足しがちになります。そんな鉄分の吸収を助ける働きが葉酸にはあんですよ。

 

また、つわりの軽減なども期待できるので、妊娠中期からも葉酸を継続して摂取し続けるのがおすすめです。しかし、葉酸の過剰摂取は避けるようにしてください。

 

 

妊娠中に葉酸の摂取上限である1000μgを超えた量を摂取しつづけると、赤ちゃんが喘息になってしまう可能性がでてきます。たくさん摂るべきといわれる葉酸ですが、摂取のしすぎも問題になってしまうのです。

 

そして、産後も葉酸摂取を意識するのがおすすめです。産後の葉酸摂取は赤ちゃんのご飯である母乳の栄養価を高める効果が期待できます。葉酸は産後、授乳が終わるまで摂り続けるのがおすすめです。

 

葉酸はどうやって摂取するのがおすすめ?

 

葉酸の補給は、日々の食生活を改善することで行うことができます。しかし、妊娠をしていない普段の状態でも、葉酸の必要量をしっかりと補給できている人は少ないのが現状です。妊娠中というなれない環境で食事にストレスを抱えたくはありませんよね。そんなときには、手軽に1日の葉酸必要摂取量を補給することができる葉酸サプリを活用するのがおすすめです。

 

 

体に吸収され辛く、調理をすると破壊・流出されてしまう葉酸は、通常の食事で必要量をまかなうのが難しい栄養素です。

 

そのため、厚生労働省から

葉酸が摂れることをうたっている食品(栄養機能食品を含む)が市場では多く販売されており、日本では、錠剤等の形態の健康食品として販売されているものの種類が多い。また、葉酸は、胎児の障害リスクを減らせると考えられている栄養素であることから、妊娠を計画している女性等、葉酸を通常より多く摂取する必要のある人がこれらの商品を利用する際に必要な量を適切に摂取できることが望ましい。

 

引用:胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品

という形でも任活中・妊娠中の葉酸摂取は葉酸サプリを活用することを勧めています。赤ちゃんのためにも、妊娠線予防のためにも、サプリなどを活用して効率よく葉酸を補給するのがおすすめです。

 

どんな葉酸サプリがおすすめなの?

 

葉酸サプリに含まれる葉酸には、

・天然成分から作られたもの
・科学合成物質から作られたもの

の2種類があります。

 

どちらの方がいいの?と聞かれれば、当然天然成分の葉酸が配合されている葉酸サプリ。天然成分の葉酸サプリは、野菜や果物などから葉酸を抽出しており、安心・安全に飲用することが可能です。

 

野菜や果物から葉酸が補給できるなら野菜と果物を多めに食べればいいじゃないか。と思うかもしれませんが、野菜や果物を直接食べたときに摂取できる葉酸の利用率(体の中で利用される割合)が50%なのに対して、葉酸サプリから摂取した利用率は80%。葉酸サプリの方が食事よりも効率よく、手軽に葉酸の摂取が可能となるのです。

 

野菜や果物などの食品に含まれている葉酸は『ポリグルタミン酸型葉酸』という葉酸です。この葉酸はそのまま食べたとしても体の中で利用できる量が50%ととても少なく、その分食品を多く食べなければならないというデメリットがあります。
その点、食品に含まれている『ポリグルタミン酸型葉酸』を『モノグルタミン酸型葉酸』に変換させてある葉酸は利用率が80%と高く、安心に効率よく葉酸を摂取することが可能なのです。

 

モノグルタミン酸型葉酸にも2つの種類が存在します。
・食品から抽出されるポリグルタミン酸型葉酸から作られるもの
・石油などから作られるもの
の2種類です。

 

安全に毎日飲むためには、天然成分(食品)から抽出される葉酸から生成されたものグルタミン酸型葉酸が使われているサプリを選ぶようにしてくださいね。

 

葉酸サプリランキング|人気どころ徹底比較

 

現在妊活中の方や妊娠中の方に人気の葉酸サプリを徹底比較してランキングを作成しました!あなたの任活や赤ちゃんの成長。妊娠線予防に使いたい葉酸サプリ選びに役立ててください。

 

 

ベルタ葉酸サプリ

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸の中でも吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸が配合されています。
1日に必要な摂取量の400μgが配合されているので、普段の食事と併用して使用するだけで葉酸の補給はバッチリ!

 

ビタミンミネラルや美容成分も豊富に含まれており、任活中・妊娠中のあなたにピッタリの葉酸サプリです。

 

妊娠中のストレスをなくすために、においや飲みやすさまで徹底して研究して作られた葉酸サプリです。

 

 

はぐくみ葉酸

 

オーガニックレモンとハーブから抽出されたモノグルタミン酸型葉酸配合の葉酸サプリです。
赤ちゃんとママの体に必要なミネラルやビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいるのも特徴のひとつ。

 

デリケートな時期だからこそ、安心して安全なサプリを使用したい!というママのために作られた葉酸サプリです。

 

 

AFC葉酸サプリ

 

100人の女性の声から生まれたサプリ、AFC葉酸サプリ。
吸収率の高いものグルタミン酸型葉酸が配合されており、1日に必要な葉酸量を補給することができます。

 

AFCの特徴は他の葉酸サプリに比べて価格が安いこと。

 

価格対して含有成分が豊富なところがAFCのすごいところです。

 

 

美的ヌーボプレミアム

 

葉酸のほかにビタミン・ミネラルを配合して妊娠中の栄養補給を助けてくれる美的ヌーボプレミアム。
美的ヌーボプレミアムの特徴は、妊娠中に赤ちゃんの発育に良い影響を与えるDHAやEPAが含まれていること。

 

妊娠中に青魚を摂ると良いといわれますが、怖いのは水銀の影響。
美的ヌーボプレミアム使用されているDHAやEPAは水銀検出の検査を行っていますので、安心して青魚の栄養を補給することができます。

 

みんなの葉酸

 

みんなの葉酸は、妊娠期間によって補給する葉酸の量を選べること。
葉酸の量だけでなく、必要な時期に必要な栄養素をという方針の下で作られている葉酸サプリです。

 

妊娠期間は出産に近付くほど必要な栄養素が変わっていきます。
赤ちゃんとママに最適な栄養を。
と作られたのがみんなの葉酸です。

 

葉酸サプリ選びに失敗しないために

 

葉酸サプリを選ぶとき、どの葉酸サプリも厚生労働省推奨量が含まれているし、どれもビタミンやミネラルといった栄養素が入っているからどれでもいい気がする。。。

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

確かにどの葉酸サプリも厚生労働省の進めるだけの量を配合していることが多いですよね。でも、妊活中や妊娠中に飲みたい葉酸は量だけでは判断できません。まず大前提として、

・葉酸がモノグルタミン酸型葉酸であること。
・葉酸の配合量が400μg以上であること。
・ビタミン・ミネラルといった栄養素が含まれていること。
・無添加で安心・安全に飲むことができること。
・1粒が小さく、臭いが少ないこと。

の4点は確実に押さえるようにしてください。

 

その上で、

・美容成分が豊富に含まれていたら妊娠線への効果が期待できる。
・赤ちゃんの発育にもっと気を遣いたい。
・妊娠中の体調を整えたい。
・価格を安く抑えたい
などのあなたの希望に添った葉酸サプリを選ぶことが大切です。

 

葉酸サプリはあなたと赤ちゃんの体に直接影響を与えるもの。なんでもいいや。と簡単に決めてしまうのはやめてくださいね。