MENU

先輩ママにアンケートをとりました!妊娠線予防はして良かった?

妊娠線予防といっても方法は様々。

そんなたくさんある妊娠線予防方法の中でも先輩ママ達のおすすめの妊娠線予防とはどんなものなのでしょう?

出産を終えて妊娠線ができたママとできなかったママ100人にプレママが知りたい妊娠線予防についてアンケートをとりました。

先輩ママに聞いた妊娠線のアンケート結果

初めての妊娠だと、妊娠線に対してどんな対策をとっていったらよいのかわからないと思います。

そんなあなたの為に先輩ママに妊娠線の対策としてどんな方法を取ったのか、妊娠線の対策をしてみて効果があったのかなどをアンケートで聞いてみました。

今回のアンケートで先輩ママに聞いてみた項目は
  • 妊娠線予防はしましたか?
  • 予防をして妊娠線はできた?できなかった?
  • 妊娠線予防には何を使いましたか?
  • 妊娠線専用の商品でしたか?
    (妊娠線のできなかった先輩ママ)
  • 妊娠線予防に使ったのは妊娠線クリームですか?
    (妊娠線のできなかった先輩ママ)
  • 妊娠線予防をしてよかったと思いますか?
の6つです。

アンケートの結果、妊娠線ができた、できなかったに関わらず妊娠線予防をして良かったと答えた先輩ママは約8割。

それぞれどんな意見があったのか、アンケート結果を見ていきましょう。


妊娠線予防はしましたか?

まず始めに先輩ママに妊娠線予防を行っていたかどうかを聞きました。


先輩ママの9割以上の方が妊娠線予防を行っています。

数少ない妊娠線予防をしなかったママは妊娠線のことを知らずに妊娠線予防をしなかった方や、一人目を出産したときに妊娠線ができず、子育てに追われて妊娠線予防をしなかった方です。



妊娠線はできた?できなかった?


9割以上の方が妊娠線予防をしていたのにも関わらず、半数以上の方が妊娠線ができてしまったと回答しています。

この結果だけ見ていると、妊娠線予防にはあまり効果はなく、できてしまうのが体質だと思ってしまうのもうなずけます。
⇒妊娠線ができやすい体質
しかし、妊娠線予防には確かに妊娠線を作らないようにする効果があることは事実です。
先輩ママ達はどのように妊娠線予防を行ったのでしょう?

妊娠線予防には何を使いましたか?

妊娠線予防に専用商品を使ったか聞いてみたところ、妊娠線クリームや妊娠線オイルを使用した人と保湿クリームやボディクリームを使って妊娠線予防をしていた方が半々でした。

妊娠線専用のオイルやクリームを使わなかった理由としては、
「保湿をしていれば十分という情報を聞いたから」
という回答が多く、その情報を頼りに保湿クリームを使って妊娠線予防を行っていました。

⇒保湿だけで妊娠線予防ができない理由



専用商品を使ったら妊娠線はできなかったですか?

予防方法として専用商品を使ったママに妊娠線ができなかったか聞いたところ、妊娠線予防専用商品を使った先輩ママの妊娠線予防成功率は6割近くありました。

専用商品を使って妊娠線ができてしまった先輩ママの声を聞くと
「専用クリームを使っているから油断していた」
「使っていた場所はできなかったけど、塗り忘れた部分はできてしまった。」
という意見が多く集まりました。


>妊娠線予防を失敗した理由<
油断した方のほとんどは一日に1回のケアで済ませていたり、妊娠線の一番できやすい臨月のときに塗るのをやめていました
また、しっかりと妊娠線クリームを使っていた部分は妊娠線ができなかったけど、塗っていない部分にできてしまった
専用商品といえど、100%予防が可能ということはありません。しかし、妊娠線ができなかった先輩ママ達は専用商品で1日も欠かさずに念入りに予防を行っていたことで妊娠線ができずに済んだようです。
妊娠線予防専用商品を正しい使い方で妊娠線ができる場所をしっかりとケアすれば妊娠線を作らずに済むことがわかります。

クリームとオイルで妊娠線予防としておすすめはどっち?

妊娠線ができてしまった先輩ママの半数以上がオイルや保湿クリームを使用していました。このグラフでは妊娠線ができたママに対してのアンケート結果で、妊娠線ができたママの半数以上が専用クリームを使用せずに妊娠線予防を行い、妊娠線ができてしまったことがわかります。

このグラフから妊娠線予防は「専用クリームを使ったほうが成功率が高い」ということが伺えます。
※両方というのは、クリームに加えて保湿クリームやオイルを併用していたということです。

妊娠線ができなかったママおすすめの妊娠線予防方法は?

妊娠線予防はほとんどの先輩ママが行っていました。しかし、残念ながら妊娠線予防をしても妊娠線ができてしまったママも存在します。
そんな妊娠線予防を行って妊娠線ができなかったママ達おすすめの妊娠線予防方法はなんといっても専用クリームで妊娠線予防を行うこと。ただ、予防を行っていてもやり方や使うものによっては妊娠線ができてしまうこともあることは今までのアンケート結果からもうかがえます。

先輩ママがおすすめする予防効果の最も高かったのは妊娠線クリーム。しかし、皆さん使っているものは様々でした。
予防に使用した妊娠線クリームの選び方で先輩ママの意見として多かったのは
「たまごクラブで紹介されていたから。」
「調べてみて安心して使えたから。」
「ランキングサイトで上位だったから。」
というものです。

皆さん人気が高く、安心して使えるものを重視してクリーム選びを行ったことで妊娠線ができなかったと実感しています。
人気が高く、実績のあるクリームほど妊娠線ができなかったという声が多かったので、使用する専用クリームはしっかりと選びたいですね。
妊娠線予防をして良かったと思いますか?

妊娠線ができなかったママも、できてしまったママも妊娠線予防を行った満足度はとても高くありました。

「予防していなかったらもっとひどかったと思う。」
「予防をしっかりとしていたからできなかった。」
「次はもっとしっかり行っていきたい。」
等の前向きな意見が多く、妊娠線予防はしっかりと行った方が良いと先輩ママからアドバイスもいただけました。


妊娠線予防を保湿クリームで行ったママからは
「次は専用クリームやオイルを使います。」
「もうできてしまったから次からはしないかも。」
等の前向きな意見や諦めの意見もあります。

アンケートの結果、妊娠線予防は専用のクリームやオイルを使って行った方が効果が見込めることがわかりました。
成功率の高さから見ると専用クリームの方が妊娠線予防ができることも伺えますので、妊娠線予防には専用クリームを使った方が良いといえます。

※妊娠線予防クリームを使った妊娠線予防方法は最もポピュラーな方法だといえます。しかし、専用クリームを使用したからといって100%妊娠線ができないという保証はありません。アンケートを行ってみて多くあった意見は「妊娠線ができてしまったのは体重が増えすぎたのが原因だったのかも。」という声です。
妊娠線クリームを使えば妊娠線のできにくい肌を作ることが可能です。ですが、それを使ったからといって安心しきっていると妊娠線ができてしまうこともあるのです。

お腹だけではなく、胸・お尻・太もも・二の腕、背中など、妊娠線のできる可能性のある部位はいたるところにあります。万全の妊娠線予防を行って、後悔をしないようにしたいですね。


⇒たまごクラブで紹介された人気妊娠線クリーム