MENU

バストの妊娠線や乳首の黒ずみは消せるの?

妊娠時にできてしまった妊娠線や黒ずみ。

バストに妊娠線や黒ずみができたなんて考えたくもありませんよね。

バストの妊娠線や乳首の黒ずみを消したいけどどんなケアをしたらいいか分からない。。。

そんなバストの妊娠線や乳首の黒ずみは消すことができます

今から一緒にバストのケアについて確認をしていきましょう。

※乳首の黒ずみの消し方はページ下部で紹介しています。
乳首の黒ずみを消す方法

このページはこんな方におすすめな内容です!
  • 妊娠時にできた胸の妊娠線を消す方法を知りたい方
  • 妊娠時できた乳首の黒ずみを消す方法を知りたい方
  • バストの妊娠線の予防方法知りたい方
  • バストトップの黒ずみケアの方法を知りたい方

バストの妊娠線ケアについて

バストの妊娠線は妊娠によるバストアップが原因でできるものです。

バストが大きくなるとき、ほとんどが1カップ〜2カップ大きくなります。

この短期間のバストアップで胸におおきな負荷がかかり、その負荷にバストのお肌が耐えれなくなると妊娠線ができてしまうのです。
※妊娠を経験した約60%の方はバストが大きくなっています。

胸が張った感覚は妊娠中にほとんどの方が経験しますが、実際にバストが大きくなって妊娠線ができるのとは別の話。


そんなバストの妊娠線。

ちゃんとケアをすることでできにくくしたり、消したりすることができます。


当サイトではクリームを使用したケアをおすすめしています。

バストの妊娠線を消す為に使いたいクリームもこのページでは紹介していますが、まずは胸に妊娠線ができる原因と対策から見ていきましょう。

バストに妊娠線ができる原因と対策

妊娠中のあなたの体は赤ちゃんをお腹の中で育てると共に、生まれてきた赤ちゃんを育てるための機能を完成させる時期でもあります。

赤ちゃんを育てる為には母乳が不可欠ですよね。

妊娠中のママは胸から母乳が出るようにするために脂肪組織と乳腺が大きくなります。

脂肪細胞と乳腺が大きくなることによってバストサイズがアップし、皮膚の伸縮性が耐え切れなくなるとお肌が裂けてしまい妊娠線ができてしまうのです。

現在妊娠中の方は、バストの妊娠線が新しく発生したり広がらないように、妊娠線クリームなどを活用してお肌をやわらかくするケアするようにしてくださいね。


また、胸にできる妊娠線は妊娠時だけでなく授乳期に発生することもあります。

そのため、胸にできる妊娠線は授乳線と呼ばれることもあります。

授乳線ができてしまうのは授乳期にも乳腺が発達することが原因です。


授乳期に赤ちゃんがおっぱいを飲むと胸の乳腺が刺激されます。

乳腺が刺激されると乳腺が発達して母乳の分泌を促すので、授乳期にもバストが大きくなっていくのです。

また、溜まり乳が起こることによって胸が張って妊娠線ができることもあります。


溜まり乳は母乳をあげる回数が少なかったり、あげる時間が長いと起きる現象です。

母乳が胸に溜まることと胸の張りが強くなり、バストに妊娠線ができてしまうのです。

溜まり乳は妊娠線だけでなく、乳腺のつまりを作る原因にもなるので適度に搾乳するなどの対策をとることをおすすめします。

バストの妊娠線を消すにはどうしたらいいの?

バストにできた妊娠線を消すには胸のお肌の代謝を高めることが大切です。

でも、妊娠線は保湿をすれば消すことができる。

なんてことを聞いた事がありませんか?


たしかに保湿ケアは妊娠線を消すのに大切なケアです。

しかし、保湿だけで消せるということを鵜呑みにしてはいけません

保湿だけではお肌の代謝を高めて妊娠線を消す効果が発揮されないからです。


バストの妊娠線を消すには胸の表面のお肌を再生させる必要があります。

妊娠線は一度できてしまうとなくなることはないので、表面のお肌を再生させることでバストの妊娠線を隠してしまおう。

というのが胸の妊娠線を消すということ。

表面のお肌をを再生させるにはお肌の再生機能を高めることが大切です。


保湿はお肌の機能を正常にするとができますが、それ以上の効果が見込めません。

妊娠中のあなたのお肌はとても弱っている状態なので、保湿だけではお肌の再生機能を高めることができないのです。

だからこそバストの妊娠線を消すにはお肌に栄養を与え、肌の再生能力を活性化させる妊娠線クリームでのケアがおすすめなんですよ。


妊娠中ならまだしも、出産を終えてから授乳することを考えると赤ちゃんが触れる胸に適当なものを使うわけにはいきません。

そういった意味でも、赤ちゃんが触れても安心な妊娠線クリームを使ったケアがバストの妊娠線を消すのに最善の手段だと言えますよね。

※授乳中に胸の妊娠線のケアをするときには赤ちゃんの口が触れるところにクリームを塗らないようにしてください。
※無添加のものでもクリームが赤ちゃんの口に誤って入ってしまうとトラブルを起こす原因にもなります。

妊娠線クリームが妊娠線を消すのに効く理由

妊娠線クリームは美容成分が豊富に含まれており、お肌の再生機能を促すのにもっともも適したクリームです。

また、全てではありませんが真皮の働きをサポートして、妊娠線の凸凹を修復してくれる成分が含まれている場合もあります。


妊娠線予防に使われる妊娠線クリームは、お肌の内部にしっかりと浸透していきます。

刺激もなくお肌の生まれ変わり(代謝)をサポートしてれるクリームの中でバストの妊娠線を消すのにもっとも優れているのが妊娠線クリームなんです。

※保湿クリームやオイルはお肌の奥までに浸透しません。
※妊娠線クリームは浸透性が高いので、少ないと思う量でもしっかり効果を発揮してくれます。


妊娠線クリームの効果をまとめます。
・お肌の表面の再生を促してくれる
・お肌の凸凹を整える作用がある
・お肌の奥まで浸透する
・保湿クリームよりも保湿ができる
・お肌に優しい




 

妊娠線を消すのに必要な成分しか入っていないので、バストの妊娠線ケアなら妊娠線クリームがおすすめ!


バストの妊娠線を消すにはお肌の表面をさせる他に方法はありません。

妊娠中のママのお肌にはなかなか栄養がいきわたりませんので、肌の再生機能(ターンオーバー)も通常より遅くなっています。

お肌の表面を早く再生させるには

・肌細胞に栄養を送ること
・保湿をしっかりとすること
・肌の土台である真皮の働きをサポートすること

が大切です。
※クリームを塗るときにバストをマッサージするよう心がけてください。
※血液の流れを良くすることでお肌の再生を早める効果があります。

↓妊娠線を消すおすすめの妊娠線クリーム↓




バストの妊娠線を消すクリーム以外の方法はある?

妊娠線は放っておいても消えていきます。

ですが、人によっては薄くなるまでに10年近くかかってしまう場合も

肌を出す年齢のうちに消したいなら早めのケアが鍵を握っています。

クリーム以外にもバストの妊娠線を消す方法はいくつかあります。
・クリニックや美容外科での治療(レーザー治療や炭酸ガス治療など)
・食生活の見直し
・適度な運動で代謝アップ

この中で1番も効果があるのはレーザー治療や炭酸ガス治療

でも、妊娠線を消す治療は保険適応でも高額なお金がかかります。
効果も完全に保証されているわけではありません。

そう考えたときにコスパの良いおすすめな方法が妊娠線クリームを使うことなんです。

胸の妊娠線を消すのにお金をかけれないなら、まずは食生活を見直して適度な運動を心がけてください。

お肌を再生させるにはお肌に栄養を送ることと肌の新陳代謝を上げることが大切です。

栄養バランスのとれた食事を心がけるだけでお肌にしっかりと栄養を送ることができますし、適度に運動することで代謝を高めることができますよ。

乳首の黒ずみを消すにはどうしたらいいの?

妊娠時に乳首の黒ずみができるのは、ホルモンバランスの変化で乳首にメラニン色素が沈着しやすくなることが原因です。

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが通常では考えられないくらい増えます。

プロゲステロンはメラニン色素を作り出す働きがあるので、もともとメラニン色素を持っている乳首にメラニン色素が溜まり過ぎてしまいます。

その結果、乳首の黒ずみが発生してしまうというわけなんですね。


また、妊娠中はお肌のターンオーバー(肌再生周期)機能が衰え、メラニン色素が排出されにくくなります。

ホルモンバランスの影響で乳首に黒ずみが発生しやすい状態が作られる為に、妊娠中は乳首に黒ずみができてしまうのです。

さらにはバストトップの摩擦・紫外線などの刺激から乳首を守る為にメラニン色素を過剰に発生させることもあります。
妊娠中は乳首に黒ずみができないほうがおかしいくらいなんですよ。

※妊娠時にはバストのサイズが2カップ以上大きくなることもあります。
※普段つけているブラジャーをそのまま使用することで乳首が押さえつけられ刺激となってメラニン色素を生成してしまうこともあるので、黒ずみを酷くしないようマタニティ用の下着をつけるようにしましょう。

バストトップの黒ずみを消す方法は?

黒ずみはお肌から色素沈着した細胞を排出することで消すことができます。

しかし、乳首はもともとメラニン色素が溜まりやすいこともあり、妊娠中に色素が溜まりすぎて黒ずが発生します。


乳首の黒ずみを消すにはお肌のターンオーバーを活発にして溜まっている色素排出する必要があります。

バストトップのメラニン色素を排出するには刺激を減らし、メラニン色素の生成を減少させることが大切です。

約28日周期(20代女性の場合)といわれるターンオーバーの周期は、妊娠時にはもっと遅い周期となっています。

加齢と共にターンオーバーの周期は遅くなっていくので、年齢を重ねるほど乳首の黒ずみは消しにくくなるのです。

乳首の黒ずみを消すには、美白クリームを使用したりターンオーバー機能を高めることが大切です。


だからといって美白クリームの使用はあまりおすすめできません。

黒ずみはあれど、乳首はデリケートゾーンと呼ばれるくらい繊細な部位。

そんな大事なところに刺激の強い美白クリームを使用するの乳首の黒ずみを悪化させる恐れがあります。

乳首に使用する美白クリームは、乳首の黒ずみ専用のものを使用するようにしてください。

そんな妊娠中の乳首の黒ずみケアにおすすめなのがこちらのクリーム。

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

  • 価格:5980円(税込)
    ※定期価格
  • 送料:無料
  • 添加物:無し
  • 刺激成分:不使用
  • 返金保証:90日
  • 定期継続割引アリ!



妊娠中に使用したい乳首の黒ずみクリームの決定版、ホワイトラグジュアリー。

お肌のターンオーバーに着目した美白クリームは、お肌に無駄な刺激を一切与えずにバストトップの黒ずみのケアができます。

出産を終えて授乳期に入ったら使用はできませんが、妊娠中からケアをすることによって乳首の黒ずみの軽減の期待大。

乳首の黒ずみケアに悩んでいるなら、まずはホワイトラグジュアリーをチェックです!

乳首の黒ずみはターンオーバー機能を高めて消す

黒ずみを消す=メラニンをクリームで消滅させる

と思っている方も多いのではないでしょうか?

たしかに間違いではありませんが、黒ずみを消す方法には「新しく黒ずみを作らないこと」「色素の排出」が鍵となります。そのために行うべきケアはお肌の新陳代謝を高めることです。

美白クリームでの黒ずみケアは「メラニン色素生成を抑制するもの」と黒ずみの原因である「メラニン色素をその場でなくしてしまうもの」の2種類のアプローチ方法があります。

乳首の黒ずみをなくす場合には、メラニン色素の生成を抑制しつつ、ターンオーバーを促進させるような美白ケアをしてあげることが大切です。

紫外線の当たらない乳首の黒ずみは摩擦を抑えるだけでも十分なケアになったりもします。


乳首の黒ずみのように隠れている箇所の黒ずみケアはメラニン抑制よりも「メラニン排出」をメインに行うことで早期解消が見込めます。

メラニン排出に効果があるのはお肌の機能を活性化させるクリームです。

弱ったお肌の代謝を高めて乳首の黒ずみをなくしていきましょう。


ここで1つ注意してほしいのは、集散してからの授乳期間は乳首の黒ずみケアを行わないこと。

赤ちゃんの口が直接触れる部分なので、授乳中の黒ずみケアは控えましょう。


乳首が黒ずんでいるのは授乳中に赤ちゃんがお乳を吸うのに肌が耐えれるようにしているためとも言われています。

乳首の黒ずみケアは赤ちゃんの授乳期を終えてからでも遅くはないかもしれません。
※乳首以外にできた黒ずみのケアは授乳中に行っても大丈夫です。