できた妊娠線を消す方法

MENU

妊娠線を消す方法はある?妊娠線を消すクリーム

出産を終えた後に残る赤紫色の肉割れ。

妊婦さんの約60%が出来てしまうという妊娠線は一度出来てしまうとなかなか消えてくれませんよね。

実際には出来てしまった妊娠線を消す(100%なかったことにする)ことは出来ませんが、限りなく見えないくらいに消すことは可能です。

そんな妊娠線を消す方法と、妊娠線を消すクリームを紹介していきます。

このページはこんな方におすすめな内容です!
  • 妊娠線ができてしまってどうしたらよいのかわからない方
  • 妊娠線を消す方法にはどんなものがあるのか知りたい方
  • 妊娠線を消すクリームのおすすめを知りたい方
  • どうやったら妊娠線が消えるのか知りたい方

妊娠線はできたら消えないの?

妊娠線はできたら消えないんだよね。

そんな不安をかかえていませんか?

確かに妊娠線は一度できてしまうとなかったことにすることはできませんが、消えないわけではありません。

消えないのは妊娠線ができたという事実だけ。
妊娠線の症状そのものは消えたといえるくらい全く見えなくすることが可能です。


しかし、妊娠線が消えるかどうかはその人の体質や生活習慣、ケアの仕方によっても変わる上、

妊娠線が消えるまでの期間も人によって異なります。


そんな妊娠線を消す為にはどんなことをしたらよいのでしょうか ?

妊娠線を消すにはどうしたらいいの?

妊娠線は肌の奥にある真皮という組織が裂けることで発生します。


妊娠線ができてすぐに赤紫色をしているのは、真皮が裂けたばかりで内出血を起こしているからです。

内出血を起こした状態妊娠線のことを【新妊娠線】といいます。


裂けた真皮は細胞が修復がはじまると裂けたところを白い細胞を作り出し、赤紫だった妊娠線を白っぽい銀色のような妊娠線に変化させます。

白くなった妊娠線のことを【旧妊娠線】といいます。


妊娠線を消すために必要なのは、裂けた真皮の上の表皮細胞を再生させ、傷を覆い隠すこと。

傷が表皮によって隠れてしまえば、お肌に妊娠線があることはわからなくなります。



妊娠線を消すということは、妊娠線ができたところが目立たないように隠してしまうということなんです。


一度裂けた真皮は元通りになることはありませんので、妊娠線を消す為には真皮を覆っている表皮の再生を促してあげることが大切です。

妊娠線を消す為にはケアをするべき?

妊娠線を消したい!

そう考えるなら妊娠線を消すケアをすることをおすすめします。

その理由は、圧倒的に妊娠線が消える早さが違うから。

妊娠線はほかっておいても勝手に消えるものです。

ただ、消える速さに個人差があることや、子育てに追われて自分のケアができなくなった場合に、何年・何十年と消えないケースもあるのです。

あなたのお母さんももしかしたら妊娠線が残っているかもしれません。

妊娠線は消えるものですが、必ず消える保証はどこにもありません。

ケアをするのとしないのとでは明らかにお肌に違いが見られるので、妊娠線を消したいならケアを怠らないようにしてください。

妊娠線を消す方法にはどんな方法があるの?

妊娠線を消す方法として選ばれるのはこの3つ。

1.妊娠線クリームを使って保湿と肌を整える方法
2.保湿クリームやオイルを使ってとにかく保湿をする方法
3.レーザー治療で妊娠線を消す方法

これらの方法は、どれも表皮を再生させて妊娠線を消す方法です。

妊娠線が消える結果は同じですが、
これらの方法の違いはかかるコストと妊娠線が消えるまでの期間にあります。

妊娠線を消す方法として授乳中におすすめできない方法やコスト・時間的な問題が出ることもありますので、
出産を終えた直後に妊娠線を消したいなら、妊娠線を消したいという気持ちと現実を天秤にかけなければいけません。

妊娠線を消す3つの方法の効果やメリット・デメリット、どの方法が妊娠線を消すのにおすすめかを紹介していきますね。

妊娠線クリームを使って妊娠線を消す方法

妊娠線クリームを使って妊娠線を消す方法はコストに対して効果がとても大きいので、最もおすすめの方法です。

妊娠線を消すのに必要なことは肌の表皮を回復させること。

表皮を回復させるには肌のターンオーバー機能を活性化させる必要があります。

妊娠線クリームに含まれる美容成分は肌のターンオーバーを活性化させると共に、肌本来のバリア機能や保水力を保たせるのを手助けする成分。

妊娠線クリームを塗っているだけで肌の自然な力である早期の妊娠線を消す効果が期待できます。

・メリット
・余った妊娠線クリームが活用できる
・費用対効果が高い
・保湿クリームよりはるかに妊娠線が消えるのが早い
・デメリット
・保湿クリームと比べるとコストが高い

保湿クリームやオイルで妊娠線を消す方法

保湿クリームやオイルで妊娠線を消すといいましたが、妊娠線を消す効果としては妊娠線クリームを使用したものと同じです。

保湿クリームやオイルを行うことで、お肌を外部刺激から守り、お肌の乾燥を防いでターンオーバー機能を正常に働かせることができます。

ただ、保湿クリームには美容成分が含まれていないので妊娠線クリームを使用して妊娠線を消す方法よりも効果が得られるのが遅いという難点があります。

オイルや保湿クリームを使って妊娠線を消すことは可能です。

しかし、体質によっては消えない可能性があったり消えるのに時間がかかるため、結果として妊娠線クリームを使うよりコストがかかる可能性があることは覚えておいてください。

・メリット
・コストがかからない
・手軽にできる
・デメリット
・妊娠線を消すのに時間がかかりすぎてしまう
・場合によっては妊娠線が消えない

レーザー治療で妊娠線を消す方法
皮膚科や整形外科に通って妊娠線を方法です。

レーザーによるピンポイント治療で、紹介した妊娠線を消す方法の中で最も妊娠線を消す効果が高い方法です。
基本的には妊娠線の部位をレーザーで傷つけて、細胞の超回復作用を狙った妊娠線を消す方法となっていますので、レーザーを当てることで妊娠線そのものをなくしているわけではありません。

自由診療となる為、健康保険の適応外で最もコストのかかる方法ですが、妊娠線を消す効果には高いものが期待できます。
※レーザー治療を行っても妊娠線が消えない可能性はあります。

・メリット
・妊娠線が消えるのが早い
・医者から妊娠線を消す為のアドバイスを受けれる
・デメリット
・保険適応外治療になる為、コストが最もかかる
・失敗してしまったときの保険が利かない

妊娠線を消すのにおすすめなのは妊娠線クリームを使う方法

妊娠線を消すのに最もおすすめな方法は妊娠線クリームを使用した方法。

もちろんその他の方法がダメというわけではありませんが、妊娠線クリームを使用したほうがコストがあまりかからず妊娠線を消すのに高い効果が期待できるからです。

以下妊娠線を消す方法として紹介した3つの方法の費用と効果を表にしてみました。
  コスト 消す効果
妊娠線クリーム
保湿クリーム ×
レーザー治療 ×
お肌のターンオーバーは年齢と共に周期がおそくなります。

ましてや、妊娠・出産といった大仕事を終えた後のケアとなるので、お肌の調子が完全に整うまでにはある程度の時間を必要とします。

妊娠線が消えるまでどれだけ早く見積もっても半年はかかるものだと思っておいたほうが無難でしょう。

お子さんがプールにいけるまでに妊娠線をけす事ができる方法として、妊娠線クリームを使う方法として最もコストと消えるまでの期間のバランスが取れている方法です。

一刻も早く妊娠線を消したい!という気持ちが強いというのであれば、レーザー治療を行った方が良いといえます。

ただ、レーザー治療は妊娠線を消す効果が高いものですが、授乳中だとレーザー治療ができない場合があります。
レーザーで妊娠線を消そうと考えている方は、一度病院に問い合わせてから受診されるようにしたほうが良いでしょう。。

妊娠線が体にあると自分の体に自信が持てなかったりしてつらいですよね。

ですが、これからの生活と妊娠線を消したいという気持ちに天秤をかけて、妊娠線を消す方法選んでほしいと思います。

妊娠線を誇らしく思える方なら必要のない話ですが、全員が全員そう思えるわけではありません。

旦那様と相談をして「生活とコストのバランス」の取れる方法を選んでくださいね。

妊娠線を消したい人が選ぶ人気妊娠線クリーム

当サイトで紹介している妊娠線クリームはどれも妊娠線を消す効果が期待できるものです。

ただ、その中でも妊娠線を消すのに向き・不向きは存在します。

当サイトで紹介している3つの妊娠線クリームの妊娠線を消す効果・コストなどを比較してみましょう。
詳細は
画像をタップ
表皮再生成分 肌代謝
促進成分
浸透性 定期価格
NOCOR

定期購入無
ベルタ妊娠線クリーム



4980円
2000円OFF
AFCストレッチマーククリーム
不明
定期購入無
まとめ買い10%OFF

*価格評価の基準は一般的な妊娠線クリームのおよその平均金額(5000円)からみての比較です。



妊娠線を消す為のクリームは、妊娠線予防クリームと同じものです。

でも妊娠線クリームにもたくさんの種類があるので、妊娠線を消してくれるような成分の入ったクリームを使わないと妊娠線を消す効果は期待できません。

妊娠線を消す為に必要な成分は
・皮膚を真皮から修復する成分
・肌の代謝を良くする成分
保湿だけをするような妊娠線クリームを使ってもママの妊娠線は消えることはありません。

妊娠線を消すのであれば、肌をしっかりと修復して傷ついた細胞を外に排出する成分を含んでる物を選びましょう。

妊娠線を消すために選ぶならこのクリーム

妊娠線は肌の修復機能を高める妊娠線クリームを選ぶことで早期に消すことが可能になります。

そんな中で妊娠線を消す為におすすめなのはこの2つ。
NOCOR ベルタ妊娠線クリーム

値段のことを考えるとベルタ妊娠線クリームを選ぶのがおすすめです。

妊娠線を消すのに最低でも半年の期間がかかると考えたらかかる費用もバカになりません。

NOCOAとベルタで比較したら半年間で大体1万円ほどの価格差が生まれるからです。

ベルタマザークリームは妊娠線対策として、妊娠線予防にも妊娠線を消すのにも活躍するクリームです。

初めての妊娠であるなら出産を経験したベルタの社員が親身になって話を聞いてくれるサポートサービスも充実

妊娠線をどのように予防したのか、できた妊娠線をどのようにケアしていったのかといった生の声も聞くことが出来ます。

また、妊娠線を消すだけでなく高品質の美容成分を配合しているので肌表面の美容効果もあり、出産でぼろぼろになった肌をしっかりとケアしてくれるのがベルタマザークリームです。


妊娠線予防クリームで妊娠線は消すことができます

妊娠線クリームと妊娠線予防クリーム。名前はにていますが、ぱっと見で判断すると別のものに思えますよね。

もうご存知の方も多いかも知れませんが、この2つの名称で呼ばれるクリームは同じものです。

ということは妊娠線予防の出来るクリームは妊娠線を消すことが出来るということ。

妊娠線対策として使用されるクリームは肌の調子を整える効果に優れています。

どの程度の優れものかというと、薬局で購入できるコスパ重視のクリームの何倍も肌の調子を整える効果が期待できるくらいです。

そう考えると、保湿クリームよりも妊娠線を消す効果が期待できるのもうなずけますよね。

肌の調子を整えることが妊娠線を消す第一歩!しっかりと肌の調子を整えて妊娠線を消していきましょう!