MENU

妊娠線をクリームやオイルで薄くすることはできる?

妊娠線はレーザー治療をしないと薄くできないものだと思っていませんか?

そんなことはありません。
妊娠線は妊娠線クリームやオイルでケアをすることで薄くすることができます。
このページでは妊娠線クリームやバイオイル、保湿クリームなどの効果で妊娠線を薄くする方法を紹介していきます。

いったいどの商品が妊娠線を薄くするのにもっとも向いているのでしょう?

妊娠線を薄く治すするにはどんなケアが有効なの?

妊娠線を薄くする為に必要なケアは、お肌の再生能力を上げるケアです。

妊娠線はお肌の奥にある真皮層が避けてできるものですが、真皮層は一度傷つくと元通りには戻りません。
その為、妊娠線を薄くするには表皮の細胞を再生させて、元通りに戻らない真皮層を隠さなければいけません。

そんな妊娠線を薄くするのに有効な手段は妊娠線クリーム。
多くのサイトや雑誌でも妊娠線のケアには妊娠線クリームが有効だと紹介されていますよね。

でも、なんで妊娠線を薄くするのに妊娠線クリームが効果的なのか疑問に思ったことはありませんか?

答えはとても単純です。

妊娠線クリームはオイルや保湿クリームとは違い、肌のチカラの底上げができるから。

ここからは妊娠線クリームとオイル・保湿クリームの妊娠線ケアの効果の違いをそれぞれ見ていきましょう。

妊娠線クリームの妊娠線を薄くする効果
妊娠線クリームは妊娠線を作らない為に皮膚をやわらかくする効果を持っています。

皮膚をやわらかくするには、肌のターンオーバーを機能させることや保湿機能を保つこと。美容成分を肌に与えて細胞一つ一つの働きを高める必要があります。
妊娠線クリームには、妊娠線を作らないためにお肌の機能を高める美容成分が豊富に含まれています。

お肌に刺激を与えない高品質な美容成分をお肌に染み込ませて新陳代謝を高める事で妊娠線を薄くすることができるのです。

そして妊娠線を薄く治す為に欠かせない保湿効果もオイルや保湿クリームより高いこともあるんです。

妊娠線クリームにはお肌の表皮に働くものだけでなく、真皮に届く保湿成分を届けることができるものもあります。
基本的にオイルや保湿クリームではお肌の表面の保湿しか行うことができません。
しかし、真皮にまで届く保湿成分が含まれている妊娠線クリームは、オイルや保湿クリームをしのぐ保湿効果を持っているのです。

※妊娠線クリームを使用すれば、お肌の水分補給も可能です。オイルと保湿クリームではお肌に潤いを与えることが難しいので、使用機会は基本的には風呂上り。
妊娠線クリームを使えばいつどんなタイミングで使用してもバッチリお肌をケアすることができます。

オイルと保湿クリームの妊娠線を薄くする効果
オイルや保湿クリームで妊娠線を薄くすることは可能です。
しかし、この2つだと妊娠線を薄くするのに時間がかかってしまう可能性があります。

妊娠線を薄くするには、真皮にできた白っぽい肌細胞(瘢痕組織:はんこんそしき)を表皮の肌細胞で覆い隠す必要があります。
瘢痕組織を隠すには肌の細胞を活性化させてターンオーバーを活発にする必要があります。

オイルや保湿クリームを使用して妊娠線を薄くするには、まずお肌の調子を保湿の力によって回復させる必要があります。
しかし、保湿によってお肌の地力を回復させるには時間がかかりすぎてしまうのです。

肥料なしで水だけ与えている野菜と肥料を上げて育てている野菜のようなものです。
そう考えたらどちらが元気に早く育つか一目瞭然ですよね。

保湿がお肌に与える影響は
・外部刺激から肌を守る
・今持っている肌のチカラを発揮させる
の2点。

栄養不足で元気のない野菜にいくら水を与えてもなかなか元気にはなってくれません。
妊娠線を早く治すなら水をあげるだけでなく栄養分(美容成分)を上げることが大切です。

妊娠線を薄く治す方法

妊娠線を薄くするには表皮細胞の再生が欠かせません。
その為、妊娠線を薄く治すには

・真皮にできた瘢痕組織を良い状態で保つ
※瘢痕組織が不安定だとぼこぼこした妊娠線が残ります。
・表皮の細胞を完璧に再生させる

の2点を抑えることが大切です。

妊娠線を薄くする方法。妊娠線や肉割れ専用クリームは効果がある?

実を言うと妊娠線は時間が経てば自然と薄くなっていきます。しかし、時間薬で妊娠線が薄くなるのを待っていると、最悪10年以上経っても妊娠線が薄くならない場合もあるのです。
※右の妊娠線の写真は産後20年程経っても治らなかった妊娠線の写真。

しかし、妊娠線クリームを使ったケアを行うことで妊娠線を薄くするまでの時間を短縮することができるのですよ。


妊娠線クリームが与える妊娠線を薄くする効果のまとめ
・瘢痕組織をいい状態で保たせる効果
・表皮の肌細胞再生の活性化効果
・保湿効果で本来持っている肌機能の正常化

妊娠線を薄くする為には妊娠線クリームを使うのがおすすめです。

妊娠線を薄くするためのクリーム以外のケア

妊娠線クリーム以外のケアをすることで、妊娠線を早く薄くすることが期待できます。

クリームを使わないケアでおすすめなのは
・栄養バランスの良い食事を摂る
・運動をする
の2つ。

私達の体は食べ物の栄養素からできています。妊娠線を薄くする為に再生させる表皮細胞も例外ではありません。
栄養バランスの良い食事を心がけることで体の血液のめぐりが良くなり、もっとも栄養素の届きにくいお肌にまで栄養が届くようになります。
クリームで外側からケアしてあげることも大切ですが、体の内側から栄養を届けてあげることも妊娠線を薄く治すのには大切なケアとなります。

次に運動。
運動をすることで体の代謝をあげることができます。
代謝をあげることで妊娠線を薄くする効果が得られる理由は、老廃物の排出が楽にできるようになり、肌のターンオーバーが促進されるから。
また、運動をすることで血液の循環が良くなり、お肌に栄養が届きやすくなるという利点もあります。

妊娠線を薄くしたいならクリームを使ったケアと運動、食事の栄養バランスに気をつけるのがおすすめです。