MENU

乾燥肌の人がするべき妊娠線クリームはどれ?

乾燥は妊娠線発生の大きな原因のひとつです。

もちろん妊娠線ができてしまう原因は乾燥だけではありませんが、まず最初に取り組みたいのは乾燥対策です。

特に乾燥肌の方は妊娠をする以前から肌が乾燥しがちな方なので、妊娠線の発生のリスクは健康な肌の状態の方と比べると高いといえます。

そんな乾燥肌や乾燥対策をどのように行っていくと妊娠線ができないようにできるのかをここでは紹介します。

乾燥肌のあなたがするべき妊娠線対策とは

妊娠してから前にも増して乾燥が気になる。

そんな風に感じてはいないでしょうか?

あなたの感じているその感覚、おそらく間違いではないと思います。


妊娠をすると、妊婦であるあなたの体には大きな変化が生まれます。

お腹のなかで赤ちゃんを成長させ、赤ちゃんが生まれた後に母乳がでるようにするための変化です。

その変化にあたり、あなたの体で犠牲になる部分もでてくるのです。

それがお肌の調子を整えること。


妊娠をすると、どんな方でもお肌の調子が悪くなります。

もともと乾燥肌であるあなたは特にこの変化を敏感に感じているはずです。

そんな乾燥がさらに進んだお肌の天敵は妊娠線。

乾燥肌の方の妊娠線の発症率はとても高く、こまめに入念にお肌のケアをしてあげないと簡単に妊娠線ができてしまうかもしれません。

通常の保湿クリームだと危ない!?乾燥肌の妊娠線対策って?

妊娠中はお肌のターンオーバーが遅れがちになります。

健康なお肌の方でもターンオーバーが遅れるのですから、乾燥肌であるあなたのターンオーバーの遅れは相当なものだということがわかります。

そんなあなたが妊娠線対策として最低限やらなければいけないことはお肌の保湿。

乾燥していると、お腹のふくらみによる負荷で簡単にお肌が裂けてしまいます。

お肌に最低限の水分を保たせることは、妊娠線の発生に抵抗するための必須事項なのです。


でも、乾燥肌であるあなたが妊娠線対策をするとして、保湿だけをしていてはあまり予防効果を得ることはできないでしょう。

保湿とは「水分を保つ」ことを指すので、水分を持っていないお肌に保湿クリームを重ねても、乾燥が改善されることはありません。

むしろ、水分を外から補給することもできなくなってしまうので保湿クリームのみを使用した妊娠線対策は間違いと言っても良いかもしれません。

乾燥肌のあなたがするべき妊娠線対策は
・水分補給
・保湿
・お肌が水分を保てる状態にする
の3つ。

保湿クリームでは保湿しかすることができないので、乾燥肌であるあなたの妊娠線対策としては間違いだといえるでしょう。

では、何を使用して妊娠線対策をしたら良いのか。

それは、化粧水のようにお肌の水分補給ができ、美容液のようにお肌が水分を保てる状態をサポートできる上、保湿クリームのようにお肌の水分を逃がさないケア。

つまりは、あなたが普段顔にしていたスキンケアのような対策をとることが肝心だということです。

お腹にスキンケア?もっといい妊娠線予防法はないの?

妊娠線対策にスキンケアといわれても、顔に使っていた化粧品をそんな風に使ったらすぐになくなっちゃう!

そう思った方もいるでしょう。

まさにその通りです。

化粧品をライン使いして妊娠線のケアをしてしまうと、すぐに無くなってしまいます。

例え1つ800円程度の化粧品を使っていたとしても
・化粧水
・乳液
・美容液
・保湿クリーム
の4つで3200円もかかっていることになります。

顔と妊娠線予防に使用したらこの3200円はどれくらいの期間でなくなってしまうのでしょうか。。。?

1月にいくらかかってしまうのか考えたくもありませんね。


ここで確認したいことは、妊娠線を予防するためにはあなたの表面だけをケアしていても意味がないということ。

妊娠線はお肌の奥から亀裂が発生する症状です。

乾燥肌であるあなたは、特に入念なケアが必要になるでしょう。

そのため、スキンケアのような対策をしてお肌の奥のケアをしてあげないといけないのです。

そんな入念なケアにおすすめしたいのが妊娠線クリームを使用した妊娠線対策です。


なんで乾燥肌には妊娠線クリームがおすすめなの?

妊娠線を作らないようにするにはお肌の状態を正常に保つことがもっとも重要です。

乾燥肌のあなたはもともとお肌の状態が弱っているために、肌の保湿機能がしっかりと働かない状態にあります。

そんな中で外から保湿をしても肌の機能自体の向上は見込めません。

お肌の奥までケアをして保湿機能を働かせるような対策を行っていかなければいけないのです。


妊娠線クリームを使用した方法が乾燥肌であるあなたの妊娠線対策におすすめなのは、妊娠線対策に必要な3つの条件を1つのクリームで担うことができるからです。

また、4つのライン使いの化粧品(3200円)が20日くらいで無くなってしまうと仮定して1ヶ月にかかるお金は約5000円。

これだけの金額があれば余裕で上質な妊娠線クリームを使用した妊娠線対策をとることができます。

赤ちゃんでも使用できるくらいお肌に優しい妊娠線クリームは、乾燥肌で化粧品を選ばなければいけないあなたのお肌に合わないなんてことはほぼありません。

乾燥肌のあなただからこそ、妊娠線クリームを使用した妊娠線対策がおすすめなんです。

妊娠線クリームって本当に妊娠線が出来ないの?

妊娠線クリームを使って妊娠線予防を行うことで100%妊娠線ができなくなるということはありません。

しかし、何もしていない人より、保湿クリームで妊娠線予防をしている人よりも格段に妊娠線の発生率を下げることができます。
また、妊娠線ができたとしてもひどい状態になる可能性を低くすることが出来るのです。

妊娠線クリームは、保湿クリームに負けない、むしろ、保湿クリームよりも高い保湿機能を持っています。

乾燥に悩んでいる方や、乾燥肌の方には保湿クリームよりも断然乾燥対策におすすめしたいクリームとなっています。

また、物にもよりますが、妊娠線クリームには多くの無添加美容成分が豊富に含まれているので、しっかりと肌の機能を回復させる力があるのです。

極めつけは妊娠線の発生源である真皮の調子を整える機能を持っているので、肌の土台をしっかりと形成させる働きもあります。

乾燥肌の方は肌全体がガタガタの状態にあるので、肌の土台を整えること。肌の細胞の活性化。

保湿による外部・内部からの刺激を守ることをしっかりとすれば妊娠線予防だけではなく、乾燥肌改善も見込める妊娠線クリームを使った乾燥対策が最も望ましい方法だといえるんです。