デリケートゾーンの黒ずみを自宅でケアできる?

目次


ふとした時に気づいてしまったデリケートゾーンの悩み。

  • 「彼氏に言われて恥ずかしい思いをした・・・。」
  • 「水着を試着したときにvioラインを見てショック!」

と陰部の悩みが浮かんできたときの悲しさは女性にしかわかりませんよね。そもそもなぜ黒ずんでしまうのか不思議ではありませんか?

なぜできてしまうのか?そんな疑問に応えます。

そして解決する方法を徹底的に集めてみたので参考にしてみてください!

VIOが黒ずむ理由は色素の沈着

本来、肌はデリケートゾーンだけでなく日々新しくなっています。肌は表皮をはじめ三層から成り立っており、表皮の部分で外からの刺激から体守ってを守っています。

本来であれメラニンは古い角質と一緒に剥がれ落ちていきます。しかし、何かしらの原因で肌の入れ替わりが上手く行われず、肌を黒くする性質をもっているメラニンが肌に残ってしまうと色素沈着して原因となるのです。

そして陰部の肌の厚さは薄いといわれているまぶたよりも薄く、名前の通り「デリケート」な体の部分です。肌の薄さから色素沈着を起こしやすい箇所となっているのです。

メラニンの色素沈着によって起きるのですが、陰部が特に目立つ原因は肌の薄さだけではありません。

原因は他にもいくつかあります。

アンダーヘアの自己処理による刺激
アンダーヘアの処理は女子にとってはかかせないですよね。

下着や水着を着た時にアソコの毛がはみ出していたら残念極まりないことありません。

しかし、デリケートゾーンをカミソリなどで繰り返し剃ったり、脱毛などの刺激をうけるとメラニン作られ、おこりやすくなる要因となるのです。

下着、ナプキンによる圧迫と摩擦

日々、身につけている下着、生理時に着用するナプキンからも摩擦や刺激を受けているのです。

小さめの下着やゴム部分など肌と密着する部分は「外からの刺激を受けているから守らなきゃ」と肌が思い込んでしまい、原因となります。

専用のクリームでこっそり自宅でケアも可能

「しっかり洗わないと!」と思うことはありませんか?これは半分正解で半分間違いです。

もちろん、清潔を保つことは大事ですが実は洗いすぎには注意が必要です。

肌には常在菌という、乾燥などから守る役割を果たしくれる菌が住み着いているのですが、洗いすぎによって常在菌まで洗い流されてしまうことがあるのです。

特に膣内には多くの常在菌がいて自浄作用をもっているため、必要以上に洗う事で洗った時の刺激だけでなく、臭いを発生させてしまう原因にもなってしまうのです。

しかし、正しい対策を行う事で対策することができます。

自宅で簡単にできる対策法を紹介します。

専用の商品で保湿をする
正しい方法で洗った後には正しいケアを行うようにしましょう。

しかし、顔のように化粧水を塗布したりする必要はありません。

デリケートゾーン専用一つで保湿すればOKです。

専用の保湿剤には以下の3つの特徴があります。

  • ・「黒ずみを解決できる成分」
  • ・「乾燥から肌を守る成分」
  • ・「清潔な状態を保つ成分」

他の化粧品でも代用できるのでは?と思い浮かぶかもしれませんが、顔用の商品には添加物が入っていることもあり、皮膚の薄い部分に使用するのはNGです。

どのぐらいできれいになるの?

短期間できれいにするのはとても難しく、途中であきらめてしまう人も少なくありません。

実感するには個人差もあるため、常に肌の様子をチェックしておきましょう。

早い人だと一か月程度で実感できたという人もいれば1年たってようやく解決されてきたという人もいます。

最低でも購入した商品を3ヶ月は使用してみるようにしましょう。

専用保湿アイテムは基本的には商品に記載されている説明通りに使えばOK。しかし、一刻でも早く解決して悩みの種をつぶしておきたいところですよね。

次は最も効率のよい手順や塗る時のタイミングを紹介するので頭にいれておきましょう。

目次へ戻る


成分を把握したうえで専用商品を紹介します。

商品にはくニオイ対策もできるものもあるのでデリケートゾーン全体の悩みに対処することができます。

イビサクリーム

価格:4,470円(クレジットカード決済の場合)

(コンビニ後払いの場合は4,970円)

返金保証:あり(28日間)


ブラジリアンワックス脱毛専門サロンによって開発されたのがイビサクリーム。専門家だからこそ聞ける生の声を基に作られています。

イビサクリームも添加物が配合されていません。ですから、肌がデリケートな方でも安心して使用することが出来ます。

また、医薬部外品なのも頼もしいところ。ただ定期購入回数や返金保証については、軍配が上がると言えます。

しかし、イビサクリームに購入回数の縛りがあると言っても2回なので、まだ良心的ですね。また、ケア成分を配合しているのも大きな特徴で、対策としては最強と言えます。


価格:2,750円(定期購入の場合の初回価格)

2回目以降価格:4,750円

返金保証:あり(永久返金保証)


デリケートゾーン専用の主力アイテム。医薬部外品かつ無添加ですので、デリケートな部分にも安心して使えます。

お肌の透明感だけでなく、しっかり保湿も出来てしまいます。

他社製品の場合、内容量は30g前後といったメーカーが多いのですが、60gの大容量ですので気になる部分にたっぷり使えるのも魅力的です。

容器も可愛くてワンプッシュ式のエアレスボトルなので、出し過ぎてしまったり空気に触れて不衛生になることもありません。

定期購入の場合の初回価格は2,750円ですが、購入回数に縛りはない為いつでも止められるのも◎。

デリケートゾーン用のクリームは購入回数に縛りのある商品が多いですから、初めての方には一番お試ししやすいのではないでしょうか?


ハーバルラビット

ハーバルラビットのパッケージ

価格:4,250円(クレジットカード決済の場合)

(コンビニ後払いの場合は4,750円)

返金保証:あり(60日間)


パッケージがダントツで可愛いのがハーバルラビット。定期購入回数の縛りはありますが2回と良心的。

ただ、人気があり過ぎてほとんど予約でしか買えないのが現状です。。。(現状では2月下旬の発送予定)

内容量は35gです。

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイトのボトル


ヴィエルホワイトも、イビサクリームと同じ成分が配合されています。

アマゾンでの価格は6,280円でした。

ジャムウソープなどの専用の石鹸を併用する

ジャムウソープといった専用の石鹸を使って洗うようにしましょう。

普段、身体を洗う石鹸には肌に優しい弱酸性の商品もありますが、肌質には適さないアルカリ性の石鹸が存在します。

アルカリ性の石鹸はしっかり汚れを落とすことが出来ますが、薄く敏感な性質なので乾燥などの肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

最低でも弱酸性の石鹸を使って洗うようにしましょう。

陰部専用の石鹸には通常の弱酸性の石鹸とは違い、化学成分が入ってないのはもちろんのこと、肌をいたわる事の出来る天然由来の成分と専用の成分が配合されているのが特徴です。

1.しっかり泡立てて、パックをする
タオルでも泡立てる事が出来ますが泡立てネットを使うとよりキメ細やかな泡を作ることができるので泡立てネットを使うようにしてください。

石鹸をしっかり泡立てたら、パックをするように優しくつけましょう。

しっかりとゴシゴシと洗わなくても泡の力によって角質などの汚れや老廃物は浮き出るので最長でも2分ほどパックをすれば肌に必要な常在菌を洗い流すことなくキレイに洗う事が出来ます。

2.パック後には人肌温度のお湯で洗い流す
陰部への刺激を避けるために熱いお湯ではなく人肌温度ぐらいのぬるま湯で優しく洗い流してください。

はじめてデリケートゾーンを泡パックした後は「本当に汚れ落ちてるの?」と不安になってしまうかもしれません。

しかし、泡パックの洗浄方法でも清潔状態をしっかりと保つ事ができます。

ドラッグストアで見かける市販商品は、どちらかというとデリケートゾーン専用ということではなく、バストトップやヒップなど全身に使うことを想定して作られている商品が置かれています。

特にデリケートなIラインにも使える専用商品は、徹底した無添加にこだわっています。例えば、一番人気のイビザクリームですと5つの無添加。

ドラッグストアに置かれている商品は比較的お値打ちな商品が多いですよね。

プチプラじゃないと売れないからです。大多数の人はそんなにお金持ちじゃないですよねwだから、本気の人はネットや雑誌でより良い商品を探すことになります。

先ほど申し上げた無添加をクリアしたり、オーガニック由来の成分を配合すると、どうしてもコストが上がってしまいます。専用商品はどれも4,000円前後はしてしまいます。

薬局で思いつきで購入されるにはなかなか手出しできる価格ではありませんよね。ですから、薬局市販の商品はどちらかというとコスト重視の代わりに刺激は強め、成分は少な目と思った方が良いです。

モノによってはタダの保湿クリームなんてこともありますからご注意を。ヴォーチェなどの雑誌にも掲載されている商品。30gで1,000円という価格が魅力です。脱毛後にも。

目次へ戻る


ニベアの青缶やアットノンは黒ずみのケアに向かない

ニベアの青缶を知らない方はいないかと思いますが、このニベアが陰部に使えないかと調べている方がかなりいらっしゃいます。

結論からすれば、悩みを解決するには何の意味もありません。保湿するには意味がありますが、ニベアの成分にはそれ以外の成分は入っていないからです。

あくまでスキンケア用ですから、専用のアイテムを用いる必要があります。

しかし、デリケートゾーンにとって保湿は重要ですから、保湿の仕方をまとめてみました。

保湿するときの手順
まずは保湿をするときの手順を一から確認しておきましょう。

1.入浴後など清潔な状態をキープしたまま、保湿剤は1円玉ぐらいの量を手のひらに出してください。

2.手のひらでなじませるように広げて、指の腹を使いながらデリケートゾーンに塗っていきましょう。

この時に、擦りこむようにぬってしまうと陰部に摩擦のダメージがいってしまうこともあるので、染み込ませるように優しく押し当てる感じにしましょう。

3.保湿剤の量やベタつきが気になるようであればティッシュなどで抑えるようにしてください。

ふき取ってしまうと摩擦がおきてしまうのであくまでも抑えることを意識してください。

※デリケートゾーンを保湿するときの注意点
保湿するときの手順を紹介しましたが、陰部の内側である粘膜には絶対に保湿剤を塗らないようにしてください。

粘膜内には常在菌という汚れなどから肌を守る自浄作用を持った菌が存在しています。

粘膜に保湿剤を塗ってしまうと常在菌が反応してしまう可能性があります。

また、デリケートゾーンは肌の層が薄いことから少しの摩擦や圧力でも肌にダメージを負ってしまいます。

爪はたてずに指の腹で、優しくなじませながら保湿を行っていきましょう。

また、アットノンというのがあります。

このアットノンをデリケートゾーンに塗って何とかできないかと考えている方がいますが実際のところどうなのでしょうか?

アットノンがVIOに使えたという口コミは確かに見るのですが、実際にクリームタイプもあって使いやすそうです。

ただ、アットノンはあくまで傷跡の為の薬で、デリケートゾーンに塗ることを想定して作られていません。

VIOまわりは皮膚が薄くデリケートなうえ、アットノンはれっきとしたお薬ですから、副作用の心配だってあります。

ですから、編集部としてはあまりお勧めできる方法ではありません。それでしたら、下で紹介しているように美容皮膚科の方が確実です。

目次へ戻る


デリケートゾーンの保湿はいつすれば良いの?

保湿をするときの基本的な使用方法は商品説明書に従っていればまず間違いはありません。1日のうち、清潔を保った状態で朝と夜に1回ずつ使用しておけばOKです。

朝のお出かけをする前に

入浴後の保湿は欠かさない

自己処理の行う前後に


朝は仕事や学校に行かなきゃならなかったり、なにかと忙しいところです。しかし、一日中つけている下着からも摩擦のダメージで起きてしまいます。朝いちばんで肌を保湿して悪化や再発を防ぐようにしましょう。

夜、お風呂に入った後には30分以内に保湿を行うようにしましょう。入浴後は肌の保湿機能が低下していることもあり、保湿機能を取り戻すには24時間必要になります。

夜のうちに保湿を行っておくことで働きかけていきます。ムダ毛処理は女子にとっては欠かせません。しかし、処理を行う前にデリケートゾーンに保湿対策をすることでカミソリやシェーバーによる肌へのダメージを軽減することができます。

また、処理を終わった後の肌は必要な角質まで削ぎ落としている状態です。
ムダ毛処理を行った後も保湿を行うようにしましょう。

下着の素材やサイズを見直そう
下着の摩擦や圧力も原因となります。

特に面積の小さい下着やナイロン製の下着は摩擦が起こりやすく股下などのビキニラインにできやすくなってしまいます。

専用商品でせっかく毎日の保湿をしていても下着によって肌にダメージがあっては意味がなくなってしまいます。

肌にダメージがいかない下着を選ぶときのポイントをまとめました。

コットンやシルクが素材の下着を選ぶ
女性なら誰しもデザインがオシャレでかわいい下着を選びたいところですが、ポリエステル製品が多いことが見受けられます。

ポリエステルは化学繊維ということもあり、肌へのダメージが大きく黒ずむ原因にもなってしまいます。

しかし、コットンやシルクの素材でできた下着は体からでる水分や汗を逃がす機能が高いことから肌の摩擦が少なく肌に優しいのが特徴です。

サイズに余裕を持った締め付けない下着を選ぶ
ショーツを選ぶときにはちょうどピッタリのものを選ぶよりも少しだけサイズに余裕を持った締め付けない下着を選ぶことをおすすめします。

肌と下着の摩擦をなるべく生まない為には少し大きめの下着の方が肌への負担は軽減されていきます。

また、ショーツに使われているウエストゴムにも着目して下着を選ぶようにしましょう。

サイドをひもで結ぶタイプにすればゴムでウエストや足の付け根を締め付けることもなくなります。

目次へ戻る