MENU

デリケートゾーンの黒ずみを自分で解消できるクリーム5選

ふとした時に気づいてしまったデリケートゾーンの黒ずみ。
「彼氏に言われて恥ずかしい思いをした・・・。」
「水着を試着したときに鏡越しに黒ずみを発見してショック!」
とデリケートゾーンの悩みが浮かんできたときの悲しさは女性にしかわかりませんよね。
そもそもなぜデリケートゾーンに黒ずみができてしまうのか不思議ではありませんか?
黒ずみがなぜできてしまうのか?そんな疑問に応えます。
そしてデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を徹底的に集めてみたので参考にしてみてください!

 

デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因はメラニンの色素沈着

本来、肌はデリケートゾーンだけでなくターンオーバーを繰り返しています。

 

※肌のターンオーバー
肌のターンオーバーとは個人差や体の部位にもよりますが28日周期で行われる表皮の新陳代謝のことを指します。
女性のひとなら一度は聞いたことがあるかもしれませんね笑。
肌は表皮・真皮・皮下組織の三層から成り立っているのですが、
表皮の部分で外からの刺激を体から守っているのですが、細胞をつくり新しい皮膚へと作り変える役割を持っています。
表皮はさらに角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つに分けられるのですが、そのうちの基底層では紫外線や刺激を受けた時に色素細胞でもあるメラノサイトからメラニン色素を生成することで肌の中基盤でもある真皮にダメージがいかないようにしています。

 

本来であれば肌のターンオーバーでメラニンは古い角質と一緒に剥がれ落ちていきます。
しかし、何かしらの原因で肌のターンオーバー機能が上手く行われず、肌を黒くする性質をもっているメラニンが肌に残ってしまうと色素沈着して黒ずみの原因となるのです。
そしてデリケートゾーンの肌の厚さは薄いといわれているまぶたよりも薄く、名前の通り「デリケート」な体の部分です。
肌の薄さから色素沈着を起こしやすく黒ずみになりやすい箇所となっているのです。

 

デリケートゾーンが黒ずみになりやすい要因

メラニンの色素沈着によって肌の黒ずみは起きるのですが、デリケートゾーンが特に黒ずみやすい原因は肌の薄さだけではありません。
実はデリケートゾーンの黒ずんでしまう原因にはいくつかの要因があるのです。

 

・アンダーヘアの自己処理による刺激
アンダーヘアの処理は女子にとってはかかせないですよね。
下着や水着を着た時にアソコの毛がはみ出していたら残念極まりないことありません。
しかし、デリケートゾーンをカミソリなどでで繰り返し剃ったり、脱毛などの刺激をうけるとメラニンの生成がおこり、黒ずみがおこりやすくなる要因となるのです。

 

・下着、ナプキンによる圧迫と摩擦
日々、身につけている下着、生理時に着用するナプキンからも摩擦や刺激を受けているのです。
小さめの下着やゴム部分など肌と密着する部分は「外からの刺激を受けているから守らなきゃ」と肌が思い込んでしまい、メラニンの生成を促してしまうのです。
普段の私生活では下着やナプキンなどの締め付けは無意識になっているのですがメラニンの生成で肌のターンオーバーの周期が乱れる事でデリケートゾーンの黒ずみを発生させてしまうのです。

 

・ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスは不規則な生活や食事、ストレスによって影響されやすく、年齢を重ねる事でも変化します。
ホルモンバランスと肌のターンオーバーは密接な関係があり、ホルモンバランスが崩れるとターンオーバーの周期も乱れます。
ターンオーバーが上手く行われず、古い角質が肌に残ってしまう事で黒ずみになる原因を生んでしまいます。

 

適正なケアでデリケートゾーンの黒ずみを対策しよう

 

「デリケートゾーンだからしっかり洗わないと!」と思うことはありませんか?
これは半分正解で半分間違いです。
もちろん、清潔を保つことは大事ですが実はデリケートゾーンの洗いすぎには注意が必要です。
肌には常在菌という、乾燥などから守るバリアの役割を果たしくれる菌が住み着いているのですが、洗いすぎによって常在菌まで洗い流されてしまうことがあるのです。
特に膣内には多くの常在菌がいて自浄作用をもっているため、必要以上に洗う事で洗った時の刺激で黒ずみを生むだけでなく、臭いを発生させてしまう原因にもなってしまうのです。
しかし、正しい対策やケアを行う事で黒ずみはデリケートゾーンの黒ずみは抑制することが出来るのです。
自宅で簡単にできるデリケートゾーンの黒ずみ対策法を紹介します。

 

デリケートゾーン専用の石鹸で正しい洗い方と手順を実行する

デリケートゾーンを洗う時には専用の石鹸を使って洗うようにしましょう。
普段、身体を洗う石鹸には肌に優しい弱酸性の商品もありますが、肌質には適さないアルカリ性の石鹸が存在します。
アルカリ性の石鹸はしっかり汚れを落とすことが出来ますが、デリケートゾーンの肌質は薄く敏感な性質なので乾燥などの肌トラブルを招いてしまう可能性があります。
最低でも弱酸性の石鹸を使ってデリケートゾーンを洗うようにしましょう。
デリケートゾーン専用の石鹸には通常の弱酸性の石鹸とは違い、防腐剤や界面活性剤などの化学成分が入ってないのはもちろんのこと、肌をいたわる事の出来る天然由来の成分と黒ずみ対策の成分が配合されているのが特徴です。

 

デリケートゾーンの適切な洗い方

1.しっかり泡立てて、パックをする
タオルでも泡立てる事が出来ますが泡立てネットを使うとよりキメ細やかな泡を作ることができるので泡立てネットを使うようにしてください。
石鹸をしっかり泡立てたら、パックをするようにデリケートゾーンに優しくつけましょう。
しっかりとゴシゴシと洗わなくても泡の力によって角質などの汚れや老廃物は浮き出るので最長でも2分ほどパックをすれば肌に必要な常在菌を洗い流すことなくキレイにデリケートゾーンを洗う事が出来ます。

 

 

2.パック後には人肌温度のお湯で洗い流す
デリケートゾーンへの刺激を避けるために熱いお湯ではなく人肌温度ぐらいのぬるま湯で優しく洗い流してください。

 

はじめてデリケートゾーンを泡パックの方法でデリケートゾーンを洗った方は「本当に汚れ落ちてるの?」と不安になってしまうかもしれません。
しかし、泡パックの洗浄方法でも清潔状態をしっかりと保つ事ができます。

 

黒ずみを解消できるデリケートゾーン専用の商品で保湿をする

正しい方法で洗った後には正しいケアを行うようにしましょう。
ケアといっても顔のように化粧水を塗布したりする必要はありません。
デリケートゾーン専用のクリームもしくは美容液一つで保湿すれば黒ずみ解消にアプローチすることが出来ます。
デリケートゾーン専用の保湿剤には
・「黒ずみを解消できる成分」
・「乾燥から肌を守る成分」
・「清潔な状態を保つ成分」
3つの成分特徴があります。
他の化粧品でも代用できるのでは?と思い浮かぶかもしれませんが、顔用のスキンケア商品にはアルコールや香料などの添加物が入っていることもあり、皮膚の薄いデリケートゾーンに使用するにはリスクがあります。

 

デリケートゾーン専用商品の選び方。黒ずみを解消できる成分紹介

黒ずみの原因でもあるメラニンの生成、排出を抑える成分に着目してください。
なにより、きれいなデリケートゾーンにするためには黒ずみ解消をめざしつつ美白効果も期待したいところですよね。
デリケートゾーンの黒ずみ解消に効果的な成分を紹介するので商品選びをするときは以下の成分が配合されているかを確認しておくといいでしょう。

 

トラネキサム酸
肌のターンオーバーを促す作用効果があり、メラニンの抑制にも効果がある成分です。
肌荒れが起きている炎症にも作用することから美白効果も期待できます。
肌への刺激も少ない為、副作用もありません。

 

ビタミンC誘導体
ビタミンC自体は壊れやすく不安定な成分ですが、化粧品に配合できるよう改良することで
メラニンの抑制だけでなく排出を促す効果もあるので黒ずみ解消にはうってつけの成分です。
ただビタミンCの副作用として塗布しすぎると乾燥肌になることもあるので、クリームの使用回数や量を守る必要があります。

 

βアルブチン
天然植物でもあるコケモモや梨などから抽出される成分です。
アルブチンにはαアルブチンという種類もあり、両方ともメラニンの生成を抑制させて美白効果が期待できますが、αアルブチンは成分効果が強すぎるため、肌が薄く弱いデリケートゾーンには不向きです。

 

デリケートゾーン専用の保湿剤を選ぶときには商品に薬用とついている「医薬部外品」ものを選ぶようにしてください。
薬用とついているものにはデリケートゾーンの黒ずみの解消や美白に対して有効であると厚生労働省から認められていることになります。

 

病院などで処方される美容美白クリームにも黒ずみ解消には一定の効果がありますが「ハイドロキノン」「トレチノイン酸」といった肌への刺激が強すぎる成分が配合されている可能性があるので肌の薄いデリケートゾーンには不向きなので注意してください。

 

デリケートゾーン専用クリームランキング|黒ずみ解消におすすめ商品

デリケートゾーンの黒ずみに解消できる成分を把握したうえで黒ずみ解消に有効な専用のクリームを厳選したものをランキング方式で紹介します。
紹介する商品には黒ずみだけでなくニオイ対策もできるものもあるのでデリケートゾーン全体のケアをすることをできます。

 

1位 イビサクリーム

 

ブラジリアンワックス脱毛を開発した専門サロンが開発した陰部専用黒ずみ解消クリームです。
実際に黒ずみに悩んでいる女性1000人以上の声をもとに解発されているため96.7%の顧客満足度を誇っています。
トラネキサム酸を主成分として黒ずみ解消をもたらし、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸2Kも含まれているので美白効果も期待できる製品です。
保湿成分としてヒアルロン酸なども含まれているため、下着の摩擦や自己処理などのダメージから肌を守ることもできます。
また、イビサクリームには合成香料や着色料などの添加物が配合されていない為、肌の弱いひとでも安心して使用することが出来ます。
公式サイトから定期購入すれば定価より最大で36%OFFで購入することもでき返金保証も付いているのでお得かつ安心にデリケートゾーンの黒ずみを解消することができます。

 

2位 ヴィエルホワイト

 

ヴィエルホワイトもイビサクリームと同じく黒ずみの解消とデリケートゾーンの肌を美肌へと導くトラネキサム酸が主成分としてあります。
また肌の保湿とバリア機能を守るためには欠かせないセラミドや肌の潤いを保つビタミンCの270倍の効果を持つカンゾウ葉エキスが配合されています。
クリームではなく美容液タイプにはなっていますが、液の伸びが良い為デリケートゾーンの黒ずみを解消だけでなく、肘や膝など他の部分にも使用できることから購入した人の口コミで87%の人が使い続けるという高い評価を得ています。
キャンペーンとして公式サイトでは毎月555名限定で初回であれば980円で購入することも可能なコスパのよい黒ずみ対策商品です。

 

3位 ハーバルラビット

 

ビタミンC誘導体で、メラニンの生成を抑制して排出を促して行くことでデリケートゾーンの黒ずみを解消していきます。
また、他の黒ずみ対策商品とは違い、肌のアンチエイジングにも効果がある水溶性プラセンタエキスが一緒に配合されています。
水溶性プラセンタエキスには新陳代謝を促し、肌の保水量を上げる事で肌にハリを生むことで肌のターンオーバーを正常化していくことでメラニンの排出だけでなく美白効果をもたらします。
保湿成分としてはヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの4種類が配合されていることから肌の根幹から潤いを手に入れることが出来ます。
ハーバルラビットでは先着500人までに限り、定価より最大40%OFFの4250円で購入することもできるので公式から買うのがおすすめです。

 

4位 ホスピピュア

 

ホスピピュアはシーオーメディカルという医療・医薬品・健康食品を開発する会社と美容整形の大手、湘南美容外科が共同開発したクリームタイプのデリケートゾーン黒ずみ対策商品です。
トラネキサム酸を主成分としてメラニンの生成を抑制して、美白効果をもたらすので確実にデリケートゾーンの黒ずみの解消へと導いてくれます。
保湿成分としてスクワランが角質まで浸透することで肌の内面からツヤを保ち、シアバターが皮膚の表面を覆う事で皮膚の表面の水分量をキープすることで長時間、肌の保湿をしてくれます。
他にも天然由来成分が13種類も配合されていることから元々、肌が弱い人でも安心して黒ずみ対策を行うことができます。
公式から定期購入をすれば通常価格から3500円引きの5500円(税抜き)の特別価格で購入することも可能です。

 

5位 ホワイトラグジュアリー

 

医学誌に掲載されるほどデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果が期待できる対策商品です。
ホワイトラグジュアリーを開発している株式会社美彩の独自処方によるスーパーVCTで生・水溶性・油溶性のビタミンC誘導体を届ける事でメラニンを生成する基底層のメラノサイトにアプローチしてシミと黒ずみの解消へと導いてくれます。
保湿効果としても天然由来のアロエベラエキスが配合されているので保湿をしつつも美容に作用していく効果もあります。
値段は紹介した商品の中でも通常料金は割高になっていますが、定期購入すれば送料無料で通常価格より4000円引きの5980円で買うことができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消へと導く効率的な保湿方法

デリケートゾーン専用保湿剤は基本的には商品に記載されている説明通りに使えば、黒ずみの解消に効果が期待できます。
しかし、一刻でも早く黒ずみを解消して悩みの種をつぶしておきたいところですよね。
黒ずみ解消へ向けた最も効率のよい手順や塗る時のタイミングを紹介するので頭にいれておきましょう。

 

デリケートゾーンを保湿するときの手順

まずは保湿をするときの手順を一から確認しておきましょう。

 

1.入浴後など清潔な状態をキープしたまま、保湿剤は1円玉ぐらいの量を手のひらに出してください。

 

2.手のひらでなじませるように広げて、指の腹を使いながらデリケートゾーンに塗っていきましょう。
この時に、擦りこむようにぬってしまうとデリケートゾーンの肌に摩擦のダメージがいってしまうこともあるので、染み込ませるように優しく押し当てる感じにしましょう。

 

3.保湿剤のクリーム量やベタつきが気になるようであればティッシュなどで抑えるようにしてください。
ふき取ってしまうと摩擦がおきてしまうのであくまでも抑えることを意識してください。

 

※デリケートゾーンを保湿するときの注意点
保湿するときの手順を紹介しましたが、陰部の内側である粘膜には絶対に保湿剤を塗らないようにしてください。
粘膜内には常在菌という汚れなどから肌を守る自浄作用を持った菌が存在しています。
粘膜に保湿剤を塗ってしまうと常在菌が反応して、炎症などを引き起こす可能性があります。
また、デリケートゾーンは肌の層が薄いことから少しの摩擦や圧力でも肌にダメージを負ってしまいます。
爪はたてずに指の腹で、優しくなじませながらデリケートゾーンの保湿を行っていきましょう。

 

デリケートゾーンの保湿ケアをする時の黒ずみ解消に効果的なタイミング

保湿ケアをするときの基本的な使用方法は商品説明書に従っていればまず間違いはありません。
1日のうち、清潔を保った状態で朝と夜に1回ずつ使用しておけば黒ずみ解消に近づける事ができます。
保湿を行うタイミングについてまとめました。

 

・朝のお出かけをする前に
朝は仕事や学校に行かなきゃならなかったり、なにかと忙しいところです。
しかし、一日中つけている下着からも摩擦のダメージで黒ずみは起きてしまします。
黒ずみを改善していくためにも朝いちばんで肌を保湿して黒ずみの悪化や再発を防ぐようにしましょう。

 

・入浴後の保湿は欠かさない
夜、お風呂に入った後には30分以内に保湿ケアを行うようにしましょう。
入浴後は肌の保湿機能が低下していることもあり、保湿機能を取り戻すには24時間必要になります。
また、睡眠中に肌のターンオーバーは行われます。
夜のうちに保湿ケアを行っておくことで使用したケア商品の有効な成分がメラニンの抑制・排出を促し黒ずみの改善に働きかけていきます。

 

・自己処理の行う前後に
ムダ毛処理は女子にとっては欠かせません。
しかし、処理を行う前にデリケートゾーンに保湿対策をすることでカミソリやシェーバーによる肌へのダメージを軽減することができます。
また、処理を終わった後の肌は必要な角質まで削ぎ落としている状態です。
ムダ毛処理を行った後も保湿を行うようにしましょう。

 

黒ずみを改善していく期間について

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策ケア商品は、含まれている有効成分から肌のターンオーバーに働きかけて黒ずみを解消していくものになります。
短期間では黒ずみを解消していくことはとても難しく、途中であきらめてしまう人も少なくありません。
黒ずみを解消する効果を実感するには個人差もあるため、常にデリケートゾーンの肌の様子をチェックしておきましょう。
早い人だと一か月程度で黒ずみ改善の効果が見られたという人もいれば1年たってようやく黒ずみが少し解消されてきたという人もいます。
最低でも購入した商品を3ヶ月は使用してみるようにしましょう。

 

保湿ケアだけで終わらせない。黒ずみ解消クリーム以外の対処法

デリケートゾーン専用の保湿クリームを使用することで黒ずみの解消に近づける事が出来ますが、保湿クリームの効果をさらに上げて黒ずみの原因を根絶していく対処法があるので実践してみてください。

 

肌に良いとされるものを食事に取り入れる

肌の黒ずみはデリケートゾーンだけでなく体の肌を守るためにはクリームなどの外部からのケアと内側からのケアをすることで黒ずみを予防するだけでなく美しい肌へと導くことができます。
健康的な肌を形成する必要不可欠な成分をまとめました。

 

・体の構成を担っているたんぱく質
筋肉や血液、髪の毛を生成するのにたんぱく質は必要です。
また肌のターンオーバーを促すホルモンの原料となるのもたんぱく質です。
日常的にたんぱく質を摂ることで新しい細胞から生まれた肌を手に入れいる事が出来ます。

 

・メラニンの抑制を抑えてれるビタミンC
ビタミンCは野菜や果物に多く含まれ、黒ずみの元でもあるメラニンの抑制を促してくれます。
また、身体の抗酸化作用もあるので風邪をひきにくい体づくりをしてくれる作用はもちろんのこと肌の酸化も防ぎ、コラーゲンの生成を促すことで肌自身の保湿力をあげることが期待できます。

 

・鉄分で身体に酵素をいきわたらせる。
鉄分自体は貧血などの改善効果があることで有名な成分です。
しかし、食事などから得た酵素成分を鉄分の造血作用によって血液中の赤血球と一緒に体にいきわたらせることによって肌の黒ずみやくすみ改善、肌の乾燥防止にアプローチしてくれます。

 

紹介した成分は普段の食事では不足しがちになってしまう事もありますがサプリメントでも補う事ができるので食事内容を見直すだけでなくサプリメントの購入も検討してみてください。

 

下着選びを考え直そう。素材とサイズ

下着の摩擦や圧力でデリケートゾーンの黒ずみはできてしまいます。
特に面積の小さい下着やナイロン製の下着は摩擦が起こりやすく股下などのビキニラインに黒ずみができやすくなってしまいます。
専用クリームなどでせっかく毎日の保湿ケアをしていても下着によって肌にダメージがいっていてはクリームの黒ずみ解消効果が期待できなくなってしまいます。
肌にダメージがいかない下着を選ぶときのポイントをまとめました。

 

・コットンやシルクが素材の下着を選ぶ
女性なら誰しもデザインがオシャレでかわいい下着を選びたいところですが、ポリエステル製品が多いことが見受けられます。
ポリエステルは化学繊維ということもあり、肌へのダメージが大きく黒ずみを生む原因にもなってしまいます。
しかし、コットンやシルクの素材でできた下着は体からでる水分や汗を逃がす機能が高いことから肌の摩擦が少なく肌に優しいのが特徴です。

 

・サイズに余裕を持った締め付けない下着を選ぶ
ショーツを選ぶときにはちょうどピッタリのものを選ぶよりも少しだけサイズに余裕を持った締め付けない下着を選ぶことをおすすめします。
肌と下着の摩擦をなるべく生まない為には少し大きめの下着の方が肌への負担は軽減されていきます。
また、ショーツに使われているウエストゴムにも着目して下着を選ぶようにしましょう。
サイドをひもで結ぶタイプにすればゴムでウエストや足の付け根を締め付けることもなくなります。

 

デリケートゾーンの黒ずみを早く解消するために

デリケートゾーンは皮膚が他の身体の部分よりも外部からの刺激を受けやすく黒ずみができやすい場所にはなっています。
黒ずみを発見していまうと落ち込んでしまう事もあるかもしれませんが、誰にでも起こりうる可能性はあります。
自分の悩みは皆に共通して言える事なのです。
顔のようにデリケートゾーンも毎日のお手入れとケアを欠かさなければ確実に黒ずみやくすみを解消されていきます。
紹介した黒ずみ対策ケア用品や日常生活の見直しなどを心がけてあなたのデリケートゾーンの黒ずみの悩みが改善されていく実感を得てくれることを願っています。